「応援ブック」と「通信」を比較した感想/2017年10月の読書メーター

もう11月も1ヶ月を切ってしまったので、10月の読書メーターをUPしときます。
試合がなくても、結弦くんの話題は途切れることがないので、タイムリーな方を優先すると、読書メーターは後回しになってしまいました。
読書メーターの前に、「応援ブック」と「通信」について感じたことをメモしておきます。


  


とりあえず感じるのは、「通信」さんの不遇さですね。路線変更を余儀なくされた「通信」ですが、「応援ブック」に限らず、他の雑誌は、今でも堂々とゆづまみれ(笑) なんで「通信」だけ・・・と思いますが、まあ目立ちすぎたんでしょうね。

同じロステレ特集で、サイズ、価格、ページ数もほぼ同じの「応援ブック」と「通信25」を比較してみます。

アマゾンレビューの評価は、「応援ブック」の方が上です。これは、ゆづ成分が圧倒的に「応援ブック」の方が多いからだと思われます。怪我でなかなか書店に行けなかったのですが、遅ればせながらリアル書店でチェックした感想としては、量の「応援ブック」、質の「通信」・・・といったところでした。質というのは、写真のセレクトと画質です。

先日、CSの日テレプラスで、カメラマンの田中さんのインタ番組がありました。そのとき田中さんが、「スケーターは、ジャンプやスピンの写真をいやがる」と言ってました。理由は顔が綺麗じゃないから。特に女子スケーターは、歪んだ顔の写真なんて嫌でしょう。だから田中さんはジャンプやスピンの写真はあまりとらないし、とっても表には出さないといってました。

私も以前から感じていたことですが、老舗のスケート誌は、男女問わずジャンプ写真をほとんど載せません。特に、「ワールドフィギュアスケート」でジャンプ写真を、私は一度も見たことがありません。さすが老舗の代名詞であるWFSは、そのあたりをよく心得てるんだなと感心します。

で、「応援ブック」ですが、以前から顔が歪んだジャンプ写真が多い雑誌です。同じような路線でも「通信」はジャンプ写真が、まったくないとはいいませんが、少ないのです。「memorial」のジャンプ写真は、ほとんどの場合連続写真なので、少し扱いが違うかと思います。

で、ゆづまみれだった最新号の「応援ブック」は、画質も写真のセレクトも、そのあたりの改善が見られませんでした。そういった点に、スケーターへの出版社の姿勢がわかると思います。アマゾンのレビュー評価は、「通信24」への失望の反動か、「応援ブック」の「量」を過大評価しすぎかと。「応援ブック」の、あの写真のクオリティのわりに、評価が高すぎではないかな。

「通信24」の路線変更について電話で問い合わせをしたとき、担当さんに「量を増やせないなら、質で勝負してほしい。羽生選手以外なら、日本人選手でなく、ビジュアルの良い海外選手を中心に」と要望しました。今回の「通信25」はそのときの要望が反映されていて嬉しく思います(同じような要望が多かったのだろうと思いますが)。画質と写真のセレクトは、同時期発売の「応援ブック」より上です。担当さん、量も今回はかなり頑張ってくれたと思います。最初から55ぺージまでが羽生選手ですが、少しページを飛んで、表彰式諸々で10ページプラスされ、合計65ページほどありました。

通信も、路線変更で売上はだいぶ下がったでしょう。でも、今回くらい頑張ってくれるなら・・・ですが、今後も通信買ってもいいかなと思いました。というわけで、ロステレ特集の 「応援ブック」と「通信」を比較して、私は今回は「通信」の方を買いました。


では、10月の読書メーターです。

スケート誌4冊、BLコミック3冊、一般書1冊、スポーツ雑誌1冊、アスリートペーパー1冊


10月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:496
ナイス数:98

Number(ナンバー)937号 秋競馬GI頂上決戦 最強は俺たちだ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))Number(ナンバー)937号 秋競馬GI頂上決戦 最強は俺たちだ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))感想
★★★☆☆ 電子書籍(BOOK放題)で。競馬は興味がないので特集はスルー。桑田真澄の「これが僕のドラフトのすべてです」と野口美恵さんの「現世界王者として臨む五輪。羽生のコーチが戦略を語る」だけ読んだ。「桑田、巨人電撃入団の真相を語る」といった内容で、「自己弁護」ととる人もいるかもしれないが、私はけっこう真実味を感じた。結局は、球団の椅子取りゲームの「駒」に過ぎないと悟っていたか否かが清原との違いだったのかなと思う。オーサーの「練習は貯蓄できる」・・・よい練習を積んで本番までにたくさん貯蓄しておいてほしい
読了日:10月14日 著者:
【Amazon.co.jp限定】飴色パラドックス (4) 描き下ろし8Pまんがリーフレット付 (ディアプラス・コミックス)【Amazon.co.jp限定】飴色パラドックス (4) 描き下ろし8Pまんがリーフレット付 (ディアプラス・コミックス)感想
★★★★☆ カメラマン×雑誌記者。”喧嘩するほど仲がいい”の見本のようなケンカップル。恐喝の現場を録音したボイスレコーダーを渡すとは! あれを握っておいた方が、相手もうかつに手をだせないとなぜ考えなかったのか。あんな子供じみたハッタリに引っかかるなんて、尾上に惚れすぎて判断力が鈍ったか、蕪木(笑) 二人の絆は深まったけど、ちょっと後味の悪い結末だったかな~。尾上に「もうちょっと人を見る目を磨いた方がいい」と言ってたが、印南も男見る目を磨こう(単に趣味が悪いのか?)。リーフレットはチビ蕪木とチビ尾上が可愛い
読了日:10月14日 著者:夏目 イサク
酔いどれ恋をせず(1) (ディアプラス・コミックス)酔いどれ恋をせず(1) (ディアプラス・コミックス)感想
★★★★☆ 料理人(蕎麦職人)×唎酒師。水澄は、失業した憂さ晴らしに飲み屋でナンパしてワンナイトラブを楽しんだ男と再会。セックスの相性が抜群だった男・楯野川は、料理の味もストレートど真ん中。彼が経営する店で雇ってもらい、同居もすることになるが・・・。さすがあおいさん、エロいです! 楯野川がすごくクールなのに、水澄とするときだけは、人が変わったように性獣になるギャップもいい。水澄の「恋をしたくない」というトラウマの原因になった同級生の出現で一波乱あるかな? 2巻目も楽しみ ペーパー付 
読了日:10月15日 著者:橋本 あおい
BARBARITIES  II (ビーボーイコミックスデラックス)BARBARITIES II (ビーボーイコミックスデラックス)感想
★★★★★ テハナ出身子爵×ロライン司法卿。面白かった! ロライン国が舞台で、テハナ、タンセという2つの国が絡む歴史ものファンタジー。ジュエル(司法卿)が堅物のオッサンなのに可愛いのだ。老若男女にモテモテのアダムがジュエルに堕ちて振り回されているのがツボ。脇カップルのジル×ルイスの下克上大人カップルも美味しいし、クリストファー×ルカの子供カップルも可愛い萌え。問題はヒール役のサイモン! ジュエルの命を狙ってる。アダムがどうジュエルを守るか。周囲もお似合いと祝福?してる二人の3巻目が楽しみです。P付
読了日:10月18日 著者:鈴木 ツタ
フィギュア・スケーターズ7 FIGURE SKATERS Vol.7フィギュア・スケーターズ7 FIGURE SKATERS Vol.7感想
★★★★★ 表紙と裏表紙も含めると82P。プラス折込両面ピンナップ2枚付き。内訳は、ハビ単独2P、真凛ちゃん単独6P、町田さん単独2P、ジャパンオープン1Pだけがゆづ成分がない。ゆづハビ仲良しページが7Pあり。それ以外は全部ゆづ単独ページ。オータムクラシックと、2015-2016シーズンの「SEIMEI」振り返り。和プロの原点として「花になれ」振り返り。ページを開くと、美しい「SEIMEI」といきなりご対面! ピンナップの1面は、「美しすぎる表紙」で話題になった前号の表紙が2倍の大きさでふたたび(笑)
読了日:10月21日 著者:
Figure Skating Photo Book 2017-2018 (玄光社MOOK)Figure Skating Photo Book 2017-2018 (玄光社MOOK)感想
★★★★★ 発売の出版社サイトでA5変型判となっていたので小さい?と思ってたら、普通のA4サイズだった(今はサイトもA4に訂正されてる)。紙質・画質ともによく、全体の7割程度が羽生選手。見たことある写真も多いが、ファンなら買って後悔はないのでは。購入の決め手はカバー裏の白鳥さんの破壊力でした(笑) 小塚さんの五輪展望はファンにとっては目新しさはあまりない。もう少し殻を破ってほしいが…無理かな。陰陽師の橋本さんて、誰?(笑) 他の日本人選手は12ページ、海外選手は10ページ。白鳥さんのお写真はどれも素敵です
読了日:10月21日 著者:
BL進化論 ボーイズラブが社会を動かすBL進化論 ボーイズラブが社会を動かす感想
★★★★☆ 図書館本。「俺たちのBL論」が男からみたBL考だとすれば、これはレスビアン女性のジェンダー的な立場からみたBL論。森茉莉をBLの始祖とし、バッドエンドがデフォだったJUNE時代、定型BL時代(ハピエンであっても、まだホモフォビア・ミソジニーが匂う時代)を経て、今の進化したBLへと至るBL史は読みごたえがある。BLは家父長制社会&異性愛規範社会による女性への抑圧からの逃避の文化でもあるという視点は、「俺たちのBL論」の「女の特性・窮屈さを嫌う女性がBLに走りやすい」に少し重なるものがあるかも
読了日:10月23日 著者:溝口彰子
フィギュアスケート日本代表2017メモリアル (SJセレクトムック)フィギュアスケート日本代表2017メモリアル (SJセレクトムック)感想
★★★☆☆ 図書館本。羽生選手の頁は表紙以外で20ページあり。トロント共同会見、単独会見、オーサー&トレイシー&シェイのインタ、最後に城田さんのコラム。共同会見やオーサーら3人のインタは「マガジン」と同じなので、「マガジン」購入者にとって有用なのは、単独インタ2ページと城田さんの4ページだけという印象。フォトセッションの写真はGOOD。特にカメラをもつポーズの写真がお気に入り。いつも通り、羽生選手の部分だけ読了

読了日:10月24日 著者:
Sportiva 羽生結弦 いざ、決戦のシーズン(集英社ムック)Sportiva 羽生結弦 いざ、決戦のシーズン(集英社ムック)感想
★★★★★ 表紙裏表紙合わせて57ページが羽生選手(全100ページ)。テキスト部分はオータムとトロントの単独インタ。単独インタでは、今シーズン再演を選んだ理由について語っている。あとは本田さんの羽生評。写真はオータム、トロント公開練習、フォトセッション、ファンタジーオンアイス。シンプルな練習着姿の美しいこと。猫耳やプーさん耳写真に萌えまくり。フォトセッションでは野球のバットを振る8枚の連続写真はなかなか見れないショットで貴重。上目使いの1枚も可愛いすぎる。羽生選手の部分と女子選手の部分のみ読了
読了日:10月25日 著者:集英社
アスリートテレビ VOL.020 2017年10月16日号アスリートテレビ VOL.020 2017年10月16日号感想
★★★★☆ 東京ニュース通信社のサイトでは瞬時にソールドアウト。再販はないということで諦めていたら、ツイで「日本生命にある」という情報が! 幸い日生の保険に入っていたので、担当さんに連絡したら届けてくれた。「稀代の表現者」というタイトルがいい。中の記事はさほど目新しいことはない。8つ折りで、広げると、A1サイズの特大ポスターになっている
読了日:10月31日 著者:東京ニュース通信社

読書メーター



参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2017年7~10月の鑑賞メーター

このブログの訪問者様にはあまり需要がないかと思いますが、だいぶ溜まってきたので、一応あげときます。かなりマニアックなラインナップになっていますので、ホラー、ゾンビ、モンスター、クライムサスペンスなどのジャンルに興味のない方は、スルーしてください。


7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:373分

LAW & ORDER - ローアンドオーダー - :性犯罪特捜班 シーズン1 Vol.11 [レンタル落ち]LAW & ORDER - ローアンドオーダー - :性犯罪特捜班 シーズン1 Vol.11 [レンタル落ち]
★★★☆☆ シーズン18(字幕版、全21話)だけど、データがないのでこちらに記録。スカパー視聴。シーズン1を、以前レンタルで3巻(6話)だけ見て放置してたけど、スカパーでやってたので久々に見てみた。たぶん2~3話抜けてると思う。性犯罪なので、やりきれない内容のときが多いけど、今のアメリカの病巣をも描いている社会派ドラマ。特に、20話21話と2回にわたって放送された話は、アメリカでのイスラム教徒の立場がよくわかる
鑑賞日:07月06日 監督:
アナコンダ vs.殺人クロコダイル [DVD]アナコンダ vs.殺人クロコダイル [DVD]
★★★☆☆ スカパー視聴(ムービープラス・字幕版)。低予算B級だとわかっていたので、全く期待してなかったせいか、そこまでつまらなくはなかった。社交クラブの女王と、父親の研究を引きつぐためなら、人の命を犠牲にしても平気な女マッドサイエンティストがヒール役。用事しながらのながら見でサラリと鑑賞
鑑賞日:07月16日 監督:ミゲル・アンヘル・ビバス
バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]
★★★★☆ スカパー視聴(字幕版、スターチャンネル)。アンブレラ社は商売でウィルスを作ったのに「人類の抹殺と再生」につなげるのは無理があるけど、シリーズが長くなりすぎると、いろいろ話に破綻がでてくるのは仕方ないかも。細かいことは大目にみて、スカッとするための映画だと思っているので、矛盾はさほど気にならず。アリスと博士の対決シーンは見ごたえあった。アンデッド絶滅にはまだ数年かかるというし、まだ完全に戦いは終わったわけじゃないが、アンブレラ社との戦いには終止符が打たれたということで、ファイナルなのかな
鑑賞日:07月28日 監督:ポール・W・S・アンダーソン
シャークネード [DVD]シャークネード [DVD]
★★★★☆ スカパー視聴(字幕版。ムービープラス)。夏になるとCSでサメ映画特集がよくあるけど、これはB級サメパニック映画にしては面白いと思う。サメ+竜巻パニック。竜巻によってサメが空から降ってくる発想がGOOD。海にいなくても、陸にいてもサメに襲われるなんて! 突っ込みどころは満載なんだけど、なんだかんだ面白かった。最後の赤ずきんみたいなエンディングも笑ってしまった。別居中の夫婦も最後はアッサリ元サヤで、「あらら、妻の彼氏がサメに殺されたばかりなのに~」といろんな意味でメチャクチャです(笑)
鑑賞日:07月31日 監督:アンソニー・C・フェランテ

鑑賞メーター


8月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:259分

トリプルヘッド・ジョーズ [DVD]トリプルヘッド・ジョーズ [DVD]
★★★☆☆ スカパー視聴(字幕版)。ムービープラスの夏のサメフェスタ。海洋汚染から生まれた3頭の化け物ザメ。頭を切り落とされても死なず、切り落とされた頭から新たな頭が3つ生えてくる(笑) そのくせ、頭が増えすぎたら餌を取り合って頭同士で殺し合いして自滅とか、わけわからん展開。人が死にまくり、結局2人しか生き残らず、後味もよくない。ただ、トリプルヘッド・ジョーズのCGは、B級映画としてはわりと迫力あった
鑑賞日:08月02日 監督:
7500 [DVD]7500 [DVD]
★★★☆☆ スカパー視聴(字幕版)。ムービープラスの真夏の悪夢特集。「呪怨」シリーズの清水崇監督のハリウッド版ホラーパニック映画。墜落と密室の恐怖。「人は急に命を奪われた時、この世の未練を絶たないと、先に進めない」というのがテーマということでOK? 怖がらせ手法は「呪怨」とか「貞子」のジャパニーズホラーっぽい。でも、「リング」や「らせん」ほど怖いわけでもない。内容が怖いというよりも、効果音や暗闇で怖がらせるお化け屋敷みたいな映画。でも、この映画のオチは、よくある手法のような・・・
鑑賞日:08月03日 監督:清水崇
ジェイソン X 13日金曜日 [DVD]ジェイソン X 13日金曜日 [DVD]
★★★☆☆ スカパー視聴(字幕版)。「13日の金曜日」のジェイソンが、25世紀(2455年)の暗黒の大宇宙で再び恐怖を振りまくシリーズ第10弾。一度は冷凍保存したジェイソンが455年後に解凍され蘇る。密室の宇宙船で一人また一人乗組員が殺されていく。とにかく不死身のジェイソン。シリーズが進むごとに不死力がUPしてる。「死んだふりして死んでない」ジェイソン芸も健在で、一度やっつけた段階でなんで宇宙船から放りださないだ!と突っ込みたくなる(笑) 人間とアンドロイドが一番純愛っぽかったが、この時代なら十分ありえる
鑑賞日:08月07日 監督:ジェームズ・アイザック

鑑賞メーター


9月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:680分

パージ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]パージ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
★★★☆☆ スカパー視聴。年に1度、12時間だけ犯罪が許される近未来のアメリカ。夫婦に子供二人の裕福な家族が、パージの標的となった黒人男を家の中に入れたことで、家族もパージに巻き込まれ、家の中が殺戮のるつぼに・・・。普通の市民たちが1晩だけ、日頃のうっ憤晴らしに、良心のリミッターを外す。あるいはそれが人間の本性なのか。しかし、あれだけ血みどろの殺し合いをやって、時間切れで幸い(?)双方生き延びても、ご近所同士で翌日から気まずくないのか(笑) 年に一晩だけなら、その日だけ海外脱出しておくのが一番安全かも
鑑賞日:09月12日 監督:ジェイムズ・デモナコ
バスケットケース スペシャルコレクション [DVD]バスケットケース スペシャルコレクション [DVD]
★★★☆☆ スカパー視聴。予備知識なしで見始め、古い映像だなあと思ったら、35年前の映画なのか。シャム双生児として生まれた双子が、親と医者によって無理矢理切り離され、ゴミとして捨てられた兄の復讐劇を弟が手助けする。切り離されたことによって普通の人生を歩むことができる弟と、化けもののままの兄。愛と嫉妬と憤り。兄の気持ちも弟の気持ちも悲しい。続編あるらしいが、この1作で終わりたかった監督の意図はわかる。これで完結してるもの。作り方はすごくチープでなんともいいようがないほどだが、内容自体は何気に深い
鑑賞日:09月15日 監督:フランク・ヘネンロッター
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン9 コレクターズ BOX Part1 [DVD]クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン9 コレクターズ BOX Part1 [DVD]
★★★★★ スカパー視聴(字幕版、24話)。安定した面白さ。でも、なじんだ頃に卒業していくメンバーがいると寂しい。ブレイクが卒業。最終話で自分をかばって死にかけたリードを見て、BAUを去ることを決心する。この先のシーズンで、ホッチやモーガンも去っていくのかと思うともっと悲しい。クリマイの顔だったメンバーだけに不安も感じるが、このシリーズは最後まで付き合いそう
鑑賞日:09月19日 監督:

鑑賞メーター


10月の鑑賞メーター
観たビデオの数:7本
観た鑑賞時間:1430分

American Horror Story Season 6 [DVD PAL方式 日本語無し](Import版)American Horror Story Season 6 [DVD PAL方式 日本語無し](Import版)
★★☆☆☆ スカパー視聴。アメリカンホラーストーリー第6弾。シーズンごとに話が違うので、シーズン飛ばしでも見れるから、なんとなく見てるけど、今回はイマイチ。最初の方はまだわかったけど、現実の人間と、それを演じる俳優とが入り混じって、どんどんわけがわからなくなってきた。最終話が一番わからなかった。海外ドラマブロガーさんの記事読んで、やっと最終話が理解できたわ(笑) 何を言いたいドラマだったんだろう? 全体的にグロテスクな場面しか印象に残らなかったな
鑑賞日:10月03日 監督:
死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
★★★☆☆ スカパー視聴(スターチャンネル・字幕版)。悪霊にとりつかれた家族を、心霊現象の専門家夫婦が悪霊祓いして救う話。エクソシストみたいな感じかなあ? 一番怖かったのは、アナベル人形かな。「チャッキー」もそうだけど、不気味な人形は気持ち悪い。最近ホラーばかり見てるせいか、そんなにメチャクチャ怖い感じはしなかったけど、そこそこ楽しめた。「エンフィールド事件」と「アナベル 死霊館の人形」も録画したけど、前者が2作目で後者がスピンオフなのね
鑑賞日:10月06日 監督:ジェームズ・ワン
GRIMM/グリム シーズン5 DVD BOXGRIMM/グリム シーズン5 DVD BOX
★★★★★ スカパー視聴(字幕版、全22話)。息子のケリーを間に家族として暮らすニックとアダリンド。悪女だったアダリンドがまさかニックと愛し合うようになるとは! ジュリエット役の女優さんは今のイブの方が似合うな。ジュリエットよりイブの方が好きな私は少数派かしら。それにしてもレナードはなんであんなに洗脳されちゃったのかな。そういうタイプに見えなかったのに。ダイアナは強いなあ。ダイアナ一人で敵を全部やっつけれそう。次がファイナルシーズン。ニックとアダリンドが幸せになれるといいな(ジュリエット、ごめん)
鑑賞日:10月14日 監督:デヴィッド・グリーンウォルト
メガ・シャークVSグレート・タイタン [DVD]メガ・シャークVSグレート・タイタン [DVD]
★★☆☆☆ スカパー視聴(字幕版)。これはサメ映画なのか? 核兵器をもちださないと成敗できないサメって、もうサメじゃないだろ。それに、提督の提督とは思えぬ小物感はなんなんだろう。グレートタイタンもなんか無理矢理で、B級にしてもちょっとなあな作品。家事しながらのながら視聴だったけど、それで十分だった
鑑賞日:10月16日 監督:クリストファー・レイ
ザ・グリード [DVD]ザ・グリード [DVD]
★★★★☆ スカパー視聴(字幕版)。期待してなかったけど、モンスター映画としてはわりと面白かった。豪華客船が海洋モンスターに襲われて、客がみな食べられた餌場が気持ち悪くて最高(笑) B級だけどこれはよいB級だと思う。登場人物は誰も彼も一癖も二癖もある奴らばかり。だましだまされ、脅し脅されって感じで、一人また一人化け物に殺されていく。次は誰だ~?的な怖さもある。最後に残ったのは、お約束の人達だけど、たどり着いた島にまたモンスターが?で話は終わってる。これ続編あるのかな?
鑑賞日:10月17日 監督:スティーブン・ソマーズ
ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]
★★★☆☆ スカパー視聴(字幕)。主人公は山の中で卒業制作の映画を撮影していた映画学科の大学生たち。突然、世界各地で死者が蘇り、あちこちゾンビだらけになる。「生存者のために記録として残す」という使命感でジェイソン(最後はゾンビに食われて死亡)はハンディカメラで記録を始めるが・・・。つまらないというほどではないが、あまり好みでもなかった。ヒロインは教師らとともに最後は避難部屋に入ったし、冒頭で編集作業をしてるから生き残ったわけだが、その後はどうなったのかしら。ゾンビが発生した原因は最後までわからず
鑑賞日:10月26日 監督:ジョージ・A・ロメロ
悪魔のいけにえ 公開40周年記念版 [Blu-ray]悪魔のいけにえ 公開40周年記念版 [Blu-ray]
★★★☆☆ スカパー視聴。家事をしながらのながら視聴。やはり古臭い感じはする。レザーフェイスが、踊るようにチェイサーを振り回し続けてる最後のシーンとか、それと対比するように、命が助かったヒロインが狂ったように泣き叫び続けている姿とか、ジーちゃんがヒロインの指の血をすするとことか、いろいろ気持ち悪いんだけど、ストーリー的にイマイチで、あまり真剣に見る気になれなかった。狂気の一家の食卓シーン・・・これも一家にとっては幸せの晩餐なわけで不気味さを際立させている
鑑賞日:10月29日 監督:トビー・フーパー

鑑賞メーター



参加してます。よろしければポチっと応援お願いします♪

人気ブログランキングへ
プロフィール

みずほ(別館)

Author:みずほ(別館)
こちらは「BLトラベラー ~羽生結弦応援ブログ~」の別館ブログです。
2019年7月に開設し、本館ブログからBL作品感想記事を移転しました。
今まで書き溜めてきたBL感想文の保管庫となります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR