2016年に読んだBL マイベスト10 

2016年に読んだマイベストBL、遅くなりましたが、毎年恒例なので一応。
これまでは毎年、「コミックス編」「小説編」と分けてベスト10をあげてましたが、とにかく最近読む量が減っていて、別々に分けるほど読んでない(無理に別々にベスト10をだすと、それほど面白くなかった作品まで入れることになる)ので、今回は、コミックス・小説合わせた形でのマイベスト10作品をあげました。順位はつけていません。なお、コミックスは、小説はでタイトルを書いています。

「2016年に読んだ」が基準。必ずしも「2016年発売」ではない。
アンソロジーや雑誌は除外。


以下、マイベスト10です。

<コミックス7作品>

クロネコ彼氏のあふれ方 2、3 : 左京亜也
肌色率の高いシリーズで、毎回不健全図書の指定を心配してるのだけど、完結編(3巻目)はかつてない肌色率で、4割くらいお布団シーンだった。紆余曲折の末、これ以上ない甘いハピエン。大好きなカップルです。

エスケープジャーニー 2 : おげれつたなか 
おげれつさんの作品は、男同士の恋愛のネガティブな部分からも逃げないのでリアリティがある。開き直ればいいのに・・・と思うのは自分が腐女子だからで、当事者には切実な問題なのだろうな。まだ続くので楽しみです。

抱かれたい男1位に脅されています 3 : 桜日梯子
二人の出会い編。帯に「シリーズ累計100万部突破」・・・BLとしてはすごすぎるシリーズ。終始准太視点で、出会いから高人に入れ込んでいったプロセスがよくわかった。高人の男らしいけど雌臭いとこが好き。

リスタート(新装版) : 日高ショーコ
旧装版に大量に加筆修正され、心情面がわかりやすく、話の流れもスムーズになってる。旧版もってる人も買う価値あり。ツンデレ受と、ウザすぎないワンコタイプの年下一途攻で、BLの正しい王道カップルという感じ。

ジャッカス! : スカーレット・べり子
ある偶然から、親友・正之の黒パンストフェチ(美脚に限る)の標的になってしまった啓介。親友から恋人に変わる「灯台もと暗し」パターンだけど、そのきっかけが面白い。脇役も濃くてすごくキャラがたってます。

カラーレシピ 1 : はらだ
手に入れるためなら、誰かを陥れることも、受を多少傷つけることも厭わない、手段を選ばないサイコパス系の攻って、関わりたくないけど、見てる分には面白い・・・というリクの意見に同意(笑) 脇役も個性的。

卒業アルバム 増補版 : 中村明日美子
旧版の「卒業アルバム」やら全サ小冊子やらもっていたので、買うかどうか迷ったけれど、未読の続編を含め1冊にまとめられてることは魅力だったので購入。やはりバラバラにもってるよりいいですね。正解でした。


<小説3作品>

STAY ~DEADLOCK 番外編~、AWAY ~DEADLOCK 番外編~ : 英田サキ
バースデーフェアや全サ小冊子などの番外編を再録した総集編。既読のもあるけど、大好きなシリーズの番外編がまとまったのは嬉しい。やはり、「エス」と並んで「DEADLOCK」は、私の中では不朽の名作です。

おうちのありか ~イエスかノーか半分か3~ : 一穂ミチ
アニメーション作家×局アナシリーズ。潮の生い立ちが明らかに。悪党にさらわれたお姫様(潮)を、颯爽と助けに敵陣(潮の実家)に乗り込んだ王子様(計)がメチャクチャかっこよかった。計の方が政治家に向いてる(笑)

愛しのニコール : 凪良ゆう
田舎町でゲイとして生きるため、演技をし続けた日々。ただひとつの光だった初恋の栄の前で、心の中で泣きながら親友の仮面を被って笑顔で接するニコが愛しい。凪良さんの心理描写はいつもながら脱帽。


以上BLのベスト10ですが、BL以外で印象に残ったのが以下の2作品。

<番外 BL以外>

恋するシロクマ 1、2 : ころも
シロクマとゴマフアザラシの恋と友情物語。本当に強いのは他者へ優しくできる者。「好きになってもらうために好きになったのではない」・・・確かに。でも、シロクマの想いが切ない。ホンワカとシビアな部分が同居してます。

ポーの一族 復刻版 限定BOX : 萩尾望都
子供時代むさぼるように読んだ「ポーの一族」。私にとっては本物の神作品だった。今読んでも全く色褪せた感じがしない。これほど格調高さを感じた少女漫画は、私の中ではこの作品だけ。復刻版ただただ懐かしい。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



2016年12月の読書メーター

昨年の11月にPCが不調でリカバリを余儀なくされた・・・という記事をあげましたが、なんと今年の1月1日、よりによって新年早々、また起動しなくなってしまいました(汗) 自動修正も無理、システムの復元も無理で、再度リカバリすることに。しかし、今回は、リカバリのシステムを起動するにも恐ろしく時間がかかる始末で、これはもうリカバリも無理か・・・と諦めた頃に、ようやく起動してくれ、なんとかバックアップをとるのと、リカバリをすることはできました。しかし、2か月もたたないうちに再リカバリとは。

この状態で使っても、またすぐに不具合がでそうだし、次に不具合がでたときは、リカバリすらできないかも・・・ということで、新しいPCの購入を考えています。今、家族のPCを借りて、記事を書いてますが、そういう事情で、状況が落ち着くまで更新頻度が落ちるかと思います。

さて・・・では、12月の読書メーターをUPします。

内訳は、BLコミック4冊、スケート本4冊、総合スポーツ誌1冊。

12月は師走ということもあり、あまり本は読めていません。

BLでは、おげれつさんと桜日さんが面白かった。やっぱり今ノッてる漫画家さんだなあと思います。

今、ゆづファンの絶大な支持をえている「フィギュアスケートマガジン」の創刊号を、図書館で借りました。この創刊号では、結弦くんのページは20ページほどしかありません。で、なんでか、すでに引退していた高橋さんが16ページあり、その頃まだジュニアだった宇野選手が12ページと、今より多いという(今は10ページくらいですよね)、摩訶不思議な構成になっていて、まだ方向性がはっきりと固まっていなかったのがわかります。読者の反応と売れ行きをみて、今の形態に落ち着いたのでしょうけど、やはり空気を読む能力って大事ですね(笑)

では、読書メーターはたたみます。「続きを読む」からお入りください。



人気ブログランキングへ

続きを読む

新年のご挨拶

2017年賀


あけましておめでとうございます。当ブログも、今年で8回目のお正月を迎えることができました。

これも、いつも拙宅にご訪問くださるみなさんのおかげです。

今年も、羽生結弦熱烈応援をメインに、マイペースでやっていきたいと思っています。

今年は、ゆづ小町様が制作・ご提供くださいました、羽生結弦年賀を使用させていただきました。

ゆづ小町様の動画・画像のファンだったので、活動休止・twitterの閉鎖はとても残念です。

ご病気が、一日も早く全快されますように。そして、また素敵な作品を作ってくださいね。

新年あけて、年賀の結弦くんの明るい笑顔に癒やされました(笑)

では、みなさん、今年もよろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ
プロフィール

みずほ(別館)

Author:みずほ(別館)
こちらは「BLトラベラー ~羽生結弦応援ブログ~」の別館ブログです。
2019年7月に開設し、本館ブログからBL作品感想記事を移転しました。
今まで書き溜めてきたBL感想文の保管庫となります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR