2016年7月の読書メーター/羽生結弦選手と出版社についての独り言

7月の読書メーターをUPします。

内訳は、BL小説3冊、BLコミック6冊、一般コミック1冊、
スポーツ雑誌6冊、スケート本6冊、テレビガイド2冊。

スケート関連の本は、結弦くんの写真集を除いてすべて図書館で借りたもの。
5月頃から、図書館で借りた本をカラーコピーしたものをファイリングして資料作りをしています。

結弦くんと距離が近い、”親羽生”という意味で、3本の指に入るのは、舵社、文芸春秋、集英社じゃないかなと、個人的に思っています。なので、この3社のスケート誌は必ず買っています(笑)

舵社: 『アイスジュエルズ』 『羽生結弦 Seazon Photo Book 2015-2016』
文芸春秋: 『羽生結弦 王者のメソッド』 『Sport Graphic Number』 『Number Plus』
集英社: 『Sportiva』 『羽生結弦写真集 YUZURU』 『羽生結弦 2016-2017 Season Calender』


この3社はいつも結弦くんに好意的な本作りをしてくれてると思います。
そういえば、最近スクープ連発の文芸春秋がだしてる「週刊文春」も、結弦くんに関しては、好意的な記事ばかりです。反対に、ライバルの「週刊新潮」の方は、結弦くんのアンチ記事ばかり。なんとなく出版社の競争に、結弦くんが巻き込まれているような気がしないでもありません(笑)
この新潮社と、やはりアンチ羽生で悪質なガセ記事書いた「女性セブン」の小学館は、コアなゆづファンから敵認定されてるかもしれませんね。

「Life」を発行してる扶桑社は、「蒼い炎」以外では、フラットな立場の出版社かなと思います。

「Life」は、ダイエックス出版の「フィギュアスケートDays」の移籍リニューアルというか、後継雑誌ですが、扶桑社はフジサンケイグループで、ダイエックス出版より大きい出版社です。そのため、部数が「Days」より多いので絶版になりにくく、ページ数が増えて、お値段はむしろ「Days」より安くなっています。「できるだけたくさんのスケーターを満遍なく扱う」という方向性は「Days」を引き継いでいるので、表紙こそ「羽生結弦」ばかりですが、中の結弦くんのページは10ページあるかないかで(vol.4はNHK杯世界最高点達成特集があったので、例外的に20ページほどありましたが)、決して多くはありません。ただ、写真は綺麗です。写真の美しさは、「通信」や「プリンス」や「応援ブック」などのような、ニワカ羽生本とは一線を画してるなと思います。

ソチ以前は、スケート誌が少なかったので、結弦くんの数ページのために2000円近いスケート誌をありがたがって購入したものですが、これほどスケート誌が増えてくると、なかなかそれも厳しい。お財布的な面もあるけど、本棚のスペース的にも(笑)
これからは、ゆづ成分の少ないスケート誌については、図書館利用がメインになりそうです。


自家製羽生本
自家製羽生本♪ 省コスト、省スペースで、無駄がありません(笑)


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

続きを読む

スポンサーサイト



2016年7月の鑑賞メーター

7月の鑑賞メーターをUPします。

7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:7本
観た鑑賞時間:732分

スクリーム [DVD]スクリーム [DVD]
★★★★☆ スカパーの真夏のホラー特集。おなじみの白い死神のマスクをかぶった殺人鬼に次々と人が襲われ殺されていくホラー。1年前に母親をレイプ殺人で失ったシドニーはセックス恐怖症で恋人ビリーとも疎遠になっていた。そんなとき、新たな連続殺人事件が発生する。1年前の事件の犯人には冤罪疑惑があり、では真犯人は誰か・・・?な雰囲気で話が展開していく。真犯人は「やっぱり」で、共犯者がいるのも、一人じゃ無理っぽいところもあったから納得。ゲイルは嫌な女にみえたが、実は真実を追求する(見抜いていた)本物のキャスターだったね
鑑賞日:07月04日 監督:ウェス・クレイヴン
スクリーム2 [DVD]スクリーム2 [DVD]
★★★★☆ スカパー視聴。字幕版。シドニー、ゲイル、デューイ、コットン、ランディが前作から引き続き登場で、そのうち一人犠牲に。殺人鬼は二人組というのはこのシリーズのパターンなのかな。毎回犯人が変わることを考えると、連続殺人を引き寄せるシドニーが本当の死神ではないかとすら思う。ゲイルもシドニーもたくましい。死んだ殺人犯に「復活しないように」とトドメをさすとは(笑) シドニーの証言による冤罪で1年も服役させたのだから、シドニーはもう少しコットンに優しくしてもよくないか?と思うのは日本人的感覚なのだろうか 
鑑賞日:07月06日 監督:ウェス・クレイヴン
スクリーム3 DTSスペシャルエディション [DVD]スクリーム3 DTSスペシャルエディション [DVD]
★★★★☆ スカパー視聴。一応これが最終章になるのかな? シドニー、ゲイル、デューイのスクリームファミリーが誰も死なずにすんでよかった。今回は犯人は一人だったけど、まさかその犯人がシドニーの父親違いの兄だったとは・・・しかもすべての黒幕だったとは。う~ん、腹立つのはわかるけど、そこまで復讐に燃えるほどのことかな。いずれにしても、シドニーは強くなったな。母親と兄貴とシドニー・・・考えてみると、壮大に他人を巻き込んで大量の死者をだした肉親間トラブルという感じで、すげーはた迷惑な人達のような気がしてきた(笑) 
鑑賞日:07月12日 監督:ウェス・クレイヴン
スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション [DVD]スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション [DVD]
★★★★☆ スカパー視聴。スクリーム祭りもこれで終わり。「次世代」とあるが、シドニー、ゲイル、デューイのスクリームファミリーはメインで登場。3から10年後。ゲイルとデューイは”あの町”で夫婦として暮らしている。そこに、シドニーが戻ってくるのを待ち構えたかのように、再び殺人事件が・・・。。「次世代」というのは犯人のことだった。しかし、今回の犯人の動機は浅はかすぎるなあ。シドニーもゲイルも犯人に重症を負わされハラハラする場面もあったが、やっぱりシドニーは強い。不死身の女だった。面白いので5も作ってほしいな
鑑賞日:07月13日 監督:ウェス・クレイヴン
エルム街の悪夢 スペシャル・エディション [DVD]エルム街の悪夢 スペシャル・エディション [DVD]
★★★☆☆ スカパー視聴。夏の一人ホラー祭り。ジェイソン→スクリームときて、今回はフレディ。20人の子供を殺した殺人鬼だったフレディは、町民に焼き殺された。夢の中にでてくるフレディに、ヒロイン・ナンシーの周囲の人が次々と殺されていくが・・・。最後は夢落ちかと思いきや、それでは終わらなかったという・・・。ナンシーは逞しいが、刑事の父親も恋人のグレンも男たちが頼りない。特に、ナンシーの両親が役立たずでイライラさせられた(笑) あくまでも好みだけど、ジェイソンやスクリームの方がユーモアがあって好きかな  
鑑賞日:07月20日 監督:ウェス・クレイヴン
エルム街の悪夢2 フレディの復讐 スペシャル・エディション [DVD]エルム街の悪夢2 フレディの復讐 スペシャル・エディション [DVD]
★★☆☆☆ パート1から5年後の設定。グレンが殺され、ナンシー一家は母親が自殺、ナンシーは狂人として扱われている。ジェシーの一家がナンシーの家を購入して引っ越してきた。ジェシーは、フレディに身体を乗っ取られ、殺人を重ねることになるが・・・。パート2は、悪夢じゃなくて現実の話。なんか、そもそものベースがブレてないか? エクソシストじゃないんだから。今回は男性が主人公なのだけど、結局、活躍したのは恋人のリサだった。パート1も、ジェイソンやスクリームほど面白いとは思わなかったけど、パート2はさらに微妙
鑑賞日:07月22日 監督:ジャック・ショルダー
エルム街の悪夢3 惨劇の館 スペシャル・エディション [DVD]エルム街の悪夢3 惨劇の館 スペシャル・エディション [DVD]
★★★★☆ スカパー視聴。ナンシー再登場。結局「2」は何だったんだろう? 話としては「1」から「3」につながってる模様。精神病棟の患者たちは同じ悪夢で悩まされていた。そこに、悪夢を研究している大学院生・ナンシーが患者たちを診ることになるが・・・。フレディのルーツがわかった3話目。3作の中ではこの「3」がまだ一番面白かったような気がする。しかし、まさかナンシーが・・・。多くの犠牲を払ってフレディを成仏させたかに見えたが、あのラストは復活のシグナル? 「4」と「5」も見るつもりだけど、ちょっと不安(笑)
鑑賞日:07月27日 監督:チャック・ラッセル

鑑賞メーター


引き続き、スカパーの録画がたまったので、ひとりホラー祭りです。
6月でジェイソン祭りが終わり、7月はスクリームとフレディで。
エルム街のシリーズは、7月中に全部見れなかったので、残りは8月に。

ジェイソン、スクリーム、フレディといえば、ユニークなマスクをもった殺人鬼として、とてもメジャーな三人衆ですが、個人的な好みでは、ジェイソンが一番好きかな。ストーリーはワンパターンだけど(笑) スクリームは、毎回殺人鬼が変わるので、犯人あての面白さもありますね。フレディは・・・あまり好みじゃなかった(一応、全部みるけど)。

ホラー祭りでひとつ発見したのは、やっぱりホラー映画の主人公は女性でないとダメだってこと。「エルム街」のパート2は男が主人公なんだけど、男が怖がっても、殺人鬼に立ち向かっていっても、なんかつまんねーの(笑) 恐怖に慄きながら、それでも勇気をもって殺人鬼と対峙するヒロインこそ、ホラー映画の”華”ではないかと。それに殺人鬼はたいてい男ですしね。 

CSを契約するようになったのは、2012年からで、最初のきっかけは、結弦くんの出場するスケートアメリカを、BS放送で見るためでした。今では考えられないことですが、結弦くんの出場したスケアメの地上波放送がなかったのです(関東地区は、夜中とかに放送があったかもしれません)。CS加入の動機は結弦くんでしたが、映画や海外ドラマもわりと好きなので、けっこう重宝していますね。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

ブログ開設7周年、ありがとうございます!

当ブログにご来訪いただき、ありがとうございます。

おかげさまで、ブログを開設して、今日でちょうど丸7年となりました。

7年の間にはいろいろありました。
FC2のサーバー障害で、「うちのブログも終わりか・・・」と閉鎖を覚悟したこともありました。
1度は引越をしましたし(ブログの引越ではなく、住居です)、
病気で入院手術も経験しました。

そんな中、サーバー障害、引越、入院、以外では、あまりブランクを空けることなく
コンスタントに更新できたのも、このブログというツールが、
ブログを始める前に想像していた以上に、自分の性分に合ってたからかなと思います。
そして、いつも拙宅に遊びにきてくださる皆さんの拍手やコメントもとても励みになっています。

8周年を目指して、また1年、まったりとやっていきたいと思います。

これからも、よろしくお願いいたします<(_ _)>


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ
プロフィール

みずほ(別館)

Author:みずほ(別館)
こちらは「BLトラベラー ~羽生結弦応援ブログ~」の別館ブログです。
2019年7月に開設し、本館ブログからBL作品感想記事を移転しました。
今まで書き溜めてきたBL感想文の保管庫となります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR