海外ドラマ『ホワイトカラー』 シーズン5 & ファイナルシーズン

マット・ボマー主演の人気海外ドラマ「ホワイトカラー」シーズン5とファイナルシーズンを見終わりました。カッコいいニールとこれでもう会えないかと思うととても寂しく思います。


white collar final-3


シーズン5は全13話。シーズン6であるファイナルは全6話。
ファイナルが6話で大丈夫か?と心配しましたが、伏線もだいたい回収され、かなりベタではあるけど、天才詐欺師・ニール・キャフリーのドラマらしい、誰もが納得できる幕引きだったと思います。

シーズン5で、無実の罪を被ったピーターを助けるために、ダッチマンの助けを借りたニールは、見返りにダッチマンから盗みを強要され、仕方なく実行したニールはその証拠を握られ、その後もダッチマンの手足として動くよう脅迫されます。
その過程で、ニールはレベッカという女性と知り合い、付き合うようになります。ニールの・・・ケイトから数えて、4人目の恋人でしょうか?

「ホワイトカラー」にはホモセクシュアルの匂いがする・・・とよくいわれます。マット・ボマー演じるニールも親友のモジーもストレート設定だし、ピーターは超愛妻家です。それにも関わらず、そう感じる人がいるのは、彼らの絆が、「友情」と呼ぶには、あまりにも濃厚だからでしょう。

ニールが本気で愛した女たち・・・ケイト、アレックス、サラ、レベッカ・・・ですら、彼の中を吹き抜けていった一筋の風にすぎません。ドラマ全体からみれば、一時期、彼の人生に潤いを与えただけの存在でしかない。ピーターやモジーとは存在の重みが違うのです。

冷静沈着な捜査官であるピーターが、ニールのことになると、普段の余裕を失い、無鉄砲な行動にでてしまう。あの愛妻家が、ときには妻よりもニールを優先することすらある。
そして、そのピーター以上に、ニールに執着してるのが、ニールの親友・モジーです。


white colar final-2


自分こそ「ニールの一番の親友」だと自認し、ニールのためならどんな危険をも犯し、ニールのために莫大な儲け話をフイにしたことも1度や2度ではありません。ニールに恋人ができたとき、モジーは反対するわけでも、彼女たちに対抗意識をもつわけでもありません。ただ傍観してるだけ。たまに、あまり深入りしないように忠告はしていますが。

モジーは、ニールと女性たちとの関係は、長続きしない一過性のものとみています。どんなに浮気しても、夫が最終的には自分の元に帰ってくるとわかっている、本妻の余裕にすらみえました(笑) 
そんなモジーでも、ピーターにだけは対抗意識をもっていました。モジーが、ニールを巡るライバル認定しているのはピーターだけでしたね(笑)

ドラマの中で、最後の恋人になったレベッカ。彼女は本当にしたたかな女性でした。ニールの過去の恋愛相手を調べ、ケイトの純粋さとサラの知性とアレックスの色香・・・すべてををあわせもった、ニールにとって理想の女性を演じて、ニールを落としたのだから。でも、そんなレベッカも、ニールを本気で愛してはいた。レベッカは悪い女だったけれど、最後の最後にニールへの愛情を証明しました。

ニールに新恋人ができ、ピーターは栄転話が決まり、ダイアナは母親になり・・・といろいろ大きな転機があったシーズン5。
ファイナルシーズンでは、ロシアの刑務所に服役しているはずの宿敵・ケリーが再登場しました。そして、ケリーとの最終決着がつき・・・ニールは自由を手にします。自分の命と引き換えに。

そして1年後。ピーターに息子が生まれ、その名前は、予想通り「ニール」でした。ピーターのニールへの愛情が本物だったという証拠でしょう。息子のように愛情をかけていたニールの名前を、自分の一人息子に命名した。最後に「あんたは、本当の親友だ」と言い残して逝かれたら、私でも同じことをすると思います(笑) ニールを失った喪失感からなかなか立ち直れないピーター。しかし・・・さすがピーター。最後にニールの一世一代の詐欺を見破りました。

さて・・・モジーです。モジーが真実を知ってるのかどうかは曖昧にされてますが、ニールは、モジーにだけは、あとから真実を知らせたような気がします。まだほとぼりの冷めていないので、モジーはピーターの前で芝居をしてるだけのような・・・。だって、モジーほど気の合う相棒は、なかなか見つかりませんから(笑)  いつか、ピーターと再会するときもあるのではないかな。

さて・・・こんなランキングがありました。 → 第8回「海外ドラマNAVI 勝手にアワード」

■イケメンキャラクター賞   1.ニール・キャフリー(マット・ボマー)『ホワイトカラー』


white collar final


「ホワイトカラー」は、ほかの部門にはランクインしなくとも、イケメンキャラクター賞は安定の1位でした(笑) マット・ボマーといえば、イケメンの代名詞ですものね。
ニール・キャフリー役があまりにもド・ハマリ役だっただけに、あまりにもイケメンすぎるがゆえに(イケメンすぎるとかえって役の幅が狭まります)、今後の役作りが難しいかもしれませんが、これからも頑張ってほしいなと思います。あの美貌を生かさないのはもったいなさすぎますもの(笑)  で、マットの次のドラマ主演作として、こんな話が決まったそうです。

『ホワイトカラー』マット・ボマー主演、フィッツジェラルドの未完小説がドラマ化!(2015.11.26 海外ドラマナビ)

舞台は1930年代のハリウッド。主人公のモンロー・スターが、ハリウッドの大物プロデューサーにのし上がるまでの経緯を描く。スターは実在した大物プロデューサー、アーヴィング・タルバーグがモデルだ。ドラマでは、当時はびこった暴力やセックス、強烈な野心をリアルに掘り下げるという。同作は、1976年にロバート・デ・ニーロ主演で映画化されている。

俳優そこのけのイケメンプロデューサーになりそう(笑) 日本に輸入されるかどうかわかりませんが、楽しみです。

最後に、ホワイトカラーのファイナルシーズンの映像をもとにしたイメージビデオを紹介します。
興味のある方はどうぞ。動画主様、ありがとうございます。

White Collar Finale - Peter & Neal - There you'll be



よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



腐男子高校生活 1~2巻 (みちのくアタミ) ※7月よりTVアニメ放送開始

     腐男子高校生活1~2 (みちのくアタミ)


初読みの漫画家さんですが、7月からテレビアニメ化が決まったということで、購入しました。
腐男子を扱ったBL漫画は、まれにみますが、これは一般漫画です。
主人公の腐男子・坂口は、ノンケの腐男子で、彼自身はあくまでも傍観者を楽しむスタンス。
しかし、腐男子のアニメって、どこらへんの層をターゲットにしてるのでしょうか。謎です。
一番は腐女子なんでしょうけど、そんなに絶対数が多いわけではないですしねえ(笑)

公式サイトもできております → http://www.dreamcreation.co.jp/fudanshi/

腐女子を主人公にした漫画といえば、これが有名ですね。映画にもなっておりました。

  腐女子彼女(神葉理世)    映画版

腐女子にとっての「腐女子もの」「腐男子もの」の面白さは、スケオタにとっての「スケオタあるある」のように、一般人にはとうてい理解できないけれど、同好の士だけが共有しうる「あるある」の共感性にあります。部外者からは・・・奇妙な珍獣をみるような面白さでしょうか(笑)

<腐男子高校生活>
pixiv累計閲覧数150万以上の新鋭が贈る初の単行本が発売!部活で共に汗を流す男子高校生。イケる。仲良くランチするサラリーマン。もちろんイケる。ボルトとナット。うーん、イケる! つまりBLなら何でも!おいしい!BL大好き腐男子高校生・坂口と、オカマ・下僕・腐女子など愉快な面々が織りなす日常系コメディ!
<腐男子高校生活 2>
ハロウィン、冬コミ、初詣、バレンタインデー・・・。 一年が終わるのは寂しいけれど、楽しいイベント盛りだくさん! 外は寒くとも、BL愛で心は温かい腐男子・坂口のイベントは、やっぱり少し変わっている!? 話題沸騰!腐男子高校生・坂口を中心に愉快な仲間が繰り広げる日常系コメディ!!

★★★★☆

では、簡単に漫画の感想など。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

続きを読む

氷上のアルゼンチン・タンゴ (華藤えれな)

  氷上のアルゼンチン・タンゴ(華藤えれな 徳間書店)


BLとフィギュアスケートがコラボした、「氷上のアルゼンチン・タンゴ」を読みました。
うちのブログにぴったりの作品ですが、感想をあげるかどうかは、正直迷いました。
というのも・・・個人的に微妙な読後感だったからです。
でも、滅多にない貴重なフィギュアBL小説なので、感想をあげることにしました。

BL小説でフィギュア界を扱った作品は多くありません。私が過去に読んだのは、以下の3作品です。

銀盤を駆けぬけて(春原いずみ)  → 感想はこちら
スケオタキャリアの長い春原さん。おそらく、BL界で一番骨太なフィギュアBLを書ける人ではないかと勝手に思っています(笑) 個人的には、この作品がイチオシですが、恋愛よりスケートの比重が大きい作品なので、恋愛重視の人には物足りないかもしれません。カップリングは、コーチ×男子シングルスケーターです。

キス&クライから愛をこめて(小塚佳哉) → 感想はこちら
こちらは、カップリングは、熱狂的なファン(元ヤクザの実業家)×男子シングルスケーター。かなり特異なカップリングで、世間にバレたら、男同士ということより、お相手が元ヤクザということがスキャンダルになるのじゃないかと心配になりました(笑) 上下巻なので、読み応えはあります。

銀盤のシャノワール(砂床あい)
カップリングはコーチ×男子シングルスケーター。攻(コーチ)にとって、受(選手)は元恋人(男)の忘れ形見・・・という、少しややこしい人間関係がありました。内容は可もなく不可もなく・・・で、あまり印象には残っていませんが、本間アキラさんの挿絵が美しかったことは覚えています。

「氷上のアルゼンチン・タンゴ」は、珍しくスケーター同士ということで、
トップスケーター同士のライバル意識バチバチのガチンコLOVE 
みたいなのを勝手に想像していました。でも、ちょっと・・・違いましたね。

アマゾンで、「周りの選手達も先生も見回せば・・・ゲイだらけ。(「実は、フィギアはゲイの宝庫なの?」と思えてくるほど。)」と書いておられるレビュアーさんがおられました。 
BLでは、兄弟全員ゲイだとか、会社の同僚がほとんどゲイだとか、そんな作品をたまにみかけます。総ホモBLもそれはそれで楽しいんですが、冷静に考えるとおかしいです。でも、フィギュア界に多いのは事実なので、この作品がゲイだらけでも、そこにはあまり不自然さは感じませんでした(笑)


【あらすじ】
四回転ジャンプを軽々跳ぶ、17歳の天才スケーター―。リンクでは誰ともつるまない年下のライバル・栄翔に、嫉妬と劣等感を抱いていた紘夢。名伯楽の父に才能を見出された栄翔とは、同じ屋根の下で育ってきた。こいつがいなければ父さんは俺のコーチだったのに…。「紘夢さんは俺の憧れの選手なんです」と告げられても、冷たく突き放してきた紘夢。けれど突然、二人きりの海外合宿を命じられ!?

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆


17歳の男子シングル選手(全日本3位→1位)×21歳の男子シングル選手(全日本7位→2位)

女王様受とMな下僕タイプの年下攻という、BLでよくあるカップルにスケートをあてがった・・・という作品でした。

紘夢は、美しい容姿だけが取り柄の、21歳にもなってGPシリーズに出場したことすらない二線級の選手です。そんな拡夢と同居しているのが、2種類の4回転を跳び、前年の全日本で3位になった17歳の天才スケーター・栄翔でした。栄翔が両親を亡くし、スケートを続けられなくなったとき、その才能を見込んで、コーチをしている紘夢の父親が引き取ったのです。

トップスケーター同士の、リンクの氷も溶けるような、メラメラ燃えあがる氷上対決。一流は一流を知る・・・一歩も引けないライバル同士。スケーターのタイプとしては正反対。誰よりも互いの力を認めながら、自分にはないものをもつ相手にどうしようもなく惹かれていく2人。ガチンコ対決と並行して、美しい男たちの恋が燃えさかる・・・みたいな感じかなと思っていたんですよね。まあ、私が勝手に期待して、イメージ膨らませていただけなのですが(笑)

一番違和感があったのは、「紘夢は男前」という、周囲の評価。実力もないのに、プライドばかり高くて、卑屈になったり傲慢になったり、ただの女々しい情緒不安定男にしかみえませんでした。口が悪くて、我儘で、自分の好きなことしかしない男で、栄翔も紘夢の(容姿以外)どこがよくて、そんなに好きなのかよくわかりませんでした。

栄翔にしても、スケートを続けているのは、紘夢に認めてもらいたいという理由だけで、紘夢が大学卒業と同時にスケートを引退し、一緒にオリンピックを目指さないなら、「僕もやめるもん!」とかいいだす始末。栄翔の世界は、紘夢を中心にして回っています。少し変態が入ったドMなワンコです。

紘夢は、栄翔の才能に嫉妬して、スケート仲間の前で、何年も栄翔をシカトし、栄翔が孤立するように仕向けていたくせに、栄翔が自分に好意をもってると知ったとたん、急に過去の行いを反省。身体の関係ができたら、あんなに嫌っていた栄翔とラブラブ。栄翔と付き合いだしたとたん、なぜか急にスケートの調子までよくなり、トリプルアクセルすらまともに跳べなかったのに、3Aどころか、四回転トゥーループまで跳べちゃうようになります。あら、不思議。どんな魔法がかかったの(笑)

BLは恋愛至上主義なので、「恋愛>>>スケート」でもいいのですが、それにしても、「あんたら、スケートなめとんのか?」といいたくなるような主人公と話の展開でした(笑)

良かったのは、タイトルにもなっている「氷上のアルゼンチン・タンゴ」の部分。エキシビションでタキシードの二人が踊る、男同士のアルゼンチン・タンゴです。ショーで、こういう遊びのペアは見てみたいですね。なれないことして怪我をするとマズイので、本当は現役の選手では無理だと思いますが、プロスケーターなら、こういう趣向も一興だと思いました(笑)


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

2016年4月の鑑賞メーター

4月の鑑賞メーターをUPします。

4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:854分

Walking Dead: Season 6 [DVD] [Import]Walking Dead: Season 6 [DVD] [Import]
★★★★☆ スカパー視聴(全16話、字幕版)。敵はウォーカーではなく人間。ゾンビが徘徊する世界で、残された人間が生き残るために集団同士で殺しあう。マギーは出産が近いし、キャロルは人を殺すことに嫌気がさして家出するし、リックとミショーンはデキちゃうし・・・で、いろいろ変化があったシーズン6。敵のリーダー・リーガンのバッドに、ファミリーのだれが殴り殺されたのか・・・わからぬままシーズン7へ。どこに話が向かってるのかよくわからなくなってきてるし、グダグダ感はでてきてるけど、一応最後まで付き合うつもり
鑑賞日:04月05日 監督:
ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言 シーズン2 コレクターズ BOX Part1 [DVD]ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言 シーズン2 コレクターズ BOX Part1 [DVD]
★★★★★ スカパー視聴(前半10話。吹き替え版)。シーズン1より面白くなってる感じ。母親としてのミーガンと娘のレイシーとの関係がけっこう重視されてきてる。元夫のトッドとミーガンの女上司とが付き合い始めたことで、イラつくという人間味もみせていたミーガンだけど、この二人は結局別れることになった。事件の方は、よく比較されるBONESほどはお金かけてない感じはするけど、十分面白いです。ミーガンの恋の相手は、なんだかんだで、色男捜査官のピーターなのかな?(それはそれでお約束すぎてつまらないけど・・・笑)
鑑賞日:04月08日 監督:
ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言 シーズン2 コレクターズ BOX Part2 [DVD]ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言 シーズン2 コレクターズ BOX Part2 [DVD]
★★★★★ スカパー視聴(後半10話。吹き替え版)。よく比較される「BONES」と遜色ない面白さなのに、シーズン3で終了なんだよね。面白くなってるのに勿体ないな。ヒロインのミーガンは傲慢キャラに見えるけど、その自信は根拠のあるもので、人間的な部分もあって好感もてる。ミーガンの元夫・トッドは何気に嫌な男だったので、上司のケイトがトッドと別れたのはよかったし、ミーガンとレイシーとの母娘の絆が深まったのもホッとした。ピーターの恋人のダニーが殺されたのは、ピーターとミーガンをくっつけるのに邪魔だったからかしら
鑑賞日:04月21日 監督:

鑑賞メーター


「ウォーキングデッド」はシーズン6まできました。シーズン6は全16話でしたが、前半と後半の間に数ヶ月のインターバルがあるので、後半みるとき、前半部分を忘れてしまうんですよね。勢い削がれちゃうというか。「安全な場所」を目指しているのか、「危険な海を泳いで生き抜く」ことを求めているのか・・・何をしたいのかわからなくなってきた。リーダーのリックが、もはやリスクジャンキーにしか見えない(笑)

「ボディ・オブ・プルーフ」シーズン3、「ホワイトカラー」シーズン5、「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」シーズン2は、今月中に放送が終わりそう。「ホワイトカラー」は、次のシーズン6がファイナル。これはもう少し続いてほしかった。マット・ボマーのニール・キャフリーが、これ以上ない当たり役だっただけに。


さて、今月上映の「殿、利息でござる!」に先駆けて、仙台で、映画の衣裳展が開催されました。

「殿、利息でござる!」衣装など展示始まる(2016.05.05 河北新報)

仙台藩であった史実に基づく映画「殿、利息でござる!」が7日から県内で先行上映されるのを前に、撮影で使用した衣装などを一堂に集めた展示が4日、仙台市青葉区のさくら野百貨店仙台店8階で始まった。16日まで。
展示会場には、仙台藩主役で出演したフィギュアスケート男子の羽生結弦選手(ANA、東北高出)が着用した着物や、帳簿などの小道具が並び、映画の世界を一足先に楽しめる。映画の撮影風景を紹介する写真パネルもある。
羽生選手のファンだという仙台市の女性は「着物がきれい。ぜひ映画を見たい」と話し、衣装と一緒に写真を撮って楽しんでいた。
入場無料。午前10時~午後7時(最終日は午後5時まで)。7、8日は映画の舞台となった大和町の特産品の販売会もある。


   20160505 殿利息でござる衣裳展
     結弦くんの衣裳も展示されていますね。いいな、いいな、写真撮りたい。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ
   

2016年4月の読書メーター

4月の読書メーターをUPします。

内訳は、BL小説1冊、BLコミック5冊、スケート誌4冊、同人誌4冊、一般小説1冊、その他2冊。

<オリジナル登録本>
チーフと不思議な仲間たち : 大和名瀬 
妄想教師 : 大和名瀬
VOID : 座裏屋蘭丸
Chara Collection 2015
軍隊と男色 ~カストリ雑誌に残された帝国軍人の記録~ : 大竹直子


スケート誌は全部よかったです。
漫画は、クロネコシリーズが安定の面白さ。
BL小説は1冊だけだったけど、「愛しのニコール」は満足感の大きい作品でした。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

続きを読む

プロフィール

みずほ(別館)

Author:みずほ(別館)
こちらは「BLトラベラー ~羽生結弦応援ブログ~」の別館ブログです。
2019年7月に開設し、本館ブログからBL作品感想記事を移転しました。
今まで書き溜めてきたBL感想文の保管庫となります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR