和泉桂 罪シリーズ ~有罪・原罪・贖罪・堕罪・恋罪~

        


だいぶ前から、Fc2ブログのマイショップ機能が使えなくなっています。改善を要請してますが、なかなか修正されないようです。うちのような本の感想ブログは、マイショップ機能が使えないと不便なんですよね・・・。
久々のBL感想記事となりますが、本の画像のレイアウトがいつもと違うのは、マイショップが使えないので、アマゾンのアフィリエイトから直接画像を引っ張ってきたからです。この画像をクリックするとアマゾンに飛びます。

さて・・・10年ぶりに、シリーズ5作目の「恋罪」が刊行されて、和泉桂さんの「罪」シリーズ完結となりました。
シリーズ、5作品、まとめて感想をあげておきます。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

<シリーズ1作目 有罪>
桜井透也は念願の売れっ子ミステリー作家・穂高櫂の担当編集に抜擢される。だが会社命令で予定より早く本を出すことに…。気難しい穂高を説得するうち、透也は原稿と交換条件に穂高と肉体関係をもってしまう。仕事のための恥ずべき行為が躯が感じてくるにつれ、透也は次第に戸惑いと苦しさを感じはじめて―…?甘く切ないラブストーリー、書き下ろし短編付きで登場。
<シリーズ2作目 原罪>
編集の桜井透也は、担当作家の穂高櫂とプライベートで親密な関係にある。憧れの作家と恋愛をしていること自体、透也にとっては信じられない上に、仕事の立場で、肉体関係をもっている相手にどう接していいのか戸惑っていた。そんな時、透也は新人作家の担当になる。新鮮な気持ちで仕事に夢中になる透也だが、穂高に会う時間が少なくなり…。書き下ろし短編を収録。
<シリーズ3作目 贖罪>
編集者の桜井透也は、担当している小説家・穂高櫂と恋仲になって一年が過ぎた。恋人としての立場を実感して嬉しく思い反面、密やかな恋に不安を感じることも少なくなかった。そんな中、透也が穂高の恋人ではないかとの噂を立てられてしまう。さらに、穂高が透也を担当からはずして欲しいと言っている事を知り―。最愛の人と心の溝は広がって…!?書き下ろし短編付き。
<シリーズ4作目 堕罪>
編集の桜井透也は引越しを終え、担当作家で恋人でもある穂高櫂を新居に招く。1Kの部屋を訪れた穂高の反応は新鮮で、2年の月日を経て穂高と一緒にいられる幸せを透也は実感する…。そんな中、小説の三部作完結を記念し、穂高櫂を特集したファンブックを出すことが決まる。そこで透也は改めて自分が穂高の過去を何も知らない事実にショックを受けて―…。書き下ろし短編つき。
<シリーズ5作目 恋罪>
編集として充実した日々を送り、作家で恋人の穂高との恋も順調な透也。そんな折、穂高の作品の舞台化が決まる。なんとプロデューサーは透也の大学の先輩、降橋で…。初めは喜んでいた透也も、穂高がシナリオ執筆やオーディションの審査員として精力的に活動することに次第に疎外感を覚える。さらに、大学生の能海をアシスタントに雇い側におく穂高に、驚き、心が揺らぐ透也は―…。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

続きを読む

スポンサーサイト



2015年3~4月の鑑賞メーター

3月と4月の鑑賞メーターをUPします。

3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:1本
観た鑑賞時間:0分

Walking Dead: Season 5 [DVD] [Import]Walking Dead: Season 5 [DVD] [Import]
★★★★★ 輸入盤で登録。スカパー視聴(字幕版、全16話)。安息の地と思った終着駅で囚われの身となったリック達。そこにいたのはウォーカーよりおぞましい食人鬼達だった。食人鬼達を退治して、とある病院に囚われていたベスを救出しようとするが、ベスは命を落としてしまう。ワシントンに向かう途中で、あるコミュニティーと出会い、リック達はそこで生活を始める。平穏で人間らしい生活を手に入れたかにみえたが、少しずつズレを感じ始め・・・。平穏は人を弱くする。戦い続けてきたリック達は弱さが死に直結すると知りすぎてるんだよなあ
鑑賞日:03月31日 監督:

鑑賞メーター


「ウォーキングデッド シーズン5」、1月に前半部分の感想を書いたので、今回は後半部分について少し。
アトランタの病院で、やっと見つけたと思ったベスを、あっけなく失ってしまったリック達は、一人の男と知り合い、その男の住むコミュニティーに加わることになりました。夢にまで見た、安全で人間らしい生活・・・積極的に馴染もうとする者もいれば、違和感を感じてしまう者もいる。リックとその仲間も感じ方はバラバラでした。
リック達は、ウォーカーや人間と戦い・・・そうやって生き延びてきました。でも、コミュニティーの人達は戦うことを知らず、危機感にも乏しい。平和に慣れすぎてしまったら弱くなる・・・それをリック達は恐れていました。デンジャラスな環境に慣れすぎて、ぬるま湯で生きることができなくなってるというか・・・永遠に続く安全なんて、信じられなくなってるのかもしれない。人気シリーズなので、まだまだ続きそうですね。今後の展開も楽しみです。


4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:1本
観た鑑賞時間:1051分

BONES ―骨は語る― シーズン9 DVDコレクターズBOXBONES ―骨は語る― シーズン9 DVDコレクターズBOX
★★★★☆ 毎度チャンネルを合わせる安心感はあるドラマだけど、ファイナルシーズンを目の前にして中だるみ感というか、少々マンネリ感は感じてた。そういう視聴者の空気を感じたのか?、最終話はブースがエラいことになっていた。ブースの昇進話は罠だったのかしら? 熱血漢と頭脳派の名コンビが夫婦となり、絆は益々深まっている模様。ブース危機一髪の展開から、ブレナンがブースをどう救い出すのか、黒幕は誰なのか、シーズン10が楽しみ。9シーズン追っかけてきたドラマなので、他のメンバーも含め、綺麗なラストで締めくくってほしいな
鑑賞日:04月02日 監督:

鑑賞メーター


「BONES シーズン9」を全話視聴。次がファイナルシーズン。大詰めを迎えています。
「人骨」に焦点を当てるマニアックなアプローチの仕方が気に入って、シーズン1からずっと見てきましたが、ファイナルが決まったことで、製作側にも少し気のゆるみがあるのか?・・・最近なんかダレてるな~と感じていました。面白くないわけじゃないけど・・・どうももうひつとピンとこない。以前ほどはワクワク感がないなと。
このシーズン9の最終話、ブースがピンチに陥って、面白い展開になっています。いよいよクライマックスという感じがしてきました。長いお付き合いだったドラマなので、最後は綺麗に締めくくってほしいなと思います。

3月から、「Glee シーンン6」が始まってます。こちらはファイナルシーズン。全13話だそうです。
アメリカでのオンエアは最終話まで終了してます。ヒロインの恋人役の男優が急死するという不幸があり、ストーリーの大幅な変更を余儀なくされた「Glee」シリーズ、どんなエンディングを迎えるのでしょうか。

そういえば、昨日はスカパー無料の日でした。ファイナルやら国別やら、テレ朝2は大盤振る舞いでしたね(笑)
これからしばらく競技会はないので、ショーはあるけど、基本、スケートファンは冬籠りの季節になります。
来シーズンに備えて、とりためた録画を整理して、ハードディスクのダイエットをしないと・・・(汗)


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

2015年4月の読書メーター

昨日の引き続き、読書メーターをUPします。今日は4月分です。

内訳は、BL小説13冊、BLコミック1冊、スケート誌11冊、雑誌1冊。

入院中に、「しあわせにできる」をやっと読み終えたので、できれば今月は同人誌版に着手したい。
和泉桂さんの罪シリーズも再読始めました。これも今月には読み終えたいです。

買ったまま置いてたスケート誌をまとめて読み終えました。
ソチ五輪以降の羽生結弦ブームで、雨後筍のごとく、次々と結弦くん表紙のスケート誌が発売されています。
ソチ五輪以降に、ブームに乗っかって刊行され始めたスケート誌の特徴はとにかくゆづ成分が多いこと。
半分以上、いや、ゆづ率90%なんてのもでてきてる(いっそ、潔く100%にすればいいのにと思う)。
こういうゆづゆづ本のもうひとつの魅力は、老舗スケート誌と違って、価格が安いこと。
800~1000円(税抜)くらいで、ゆづ成分50%以上の本が買えるのだから、どうしても心惹かれてしまいます。

先月はニワカと老舗、両方まとめ読みして、いろいろ考えさせられました。
ゆづ成分が多いのはありがたいけど、ニワカ誌は、作りがお手軽で雑なんですよね。
ゆづ成分は多いけれど、中身は・・・で、質より量に徹する・・・というスタンスがニワカ誌です。
読後の満足度は、老舗の方がやっぱり高いように思います。でも、ゆづ成分もたくさん欲しい。
・・・ということで、ゆづファンにとっては、どの本を買うか、悩ましい日々が来シーズンも続きそう(笑)

3月と4月で、18冊分のスケート誌の感想をあげてますので、興味のある方はご参考までに。


よろしければポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

続きを読む

プロフィール

みずほ(別館)

Author:みずほ(別館)
こちらは「BLトラベラー ~羽生結弦応援ブログ~」の別館ブログです。
2019年7月に開設し、本館ブログからBL作品感想記事を移転しました。
今まで書き溜めてきたBL感想文の保管庫となります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR