ゲイフレンドリーな海外ドラマ『 glee/グリー 』 シーズン4

glee/グリー シーズン4 DVDコレクターズBOX (日本オリジナル・フォトブック付)glee/グリー シーズン4 DVDコレクターズBOX (日本オリジナル・フォトブック付)
(2013/11/02)
リー・ミッシェル、マシュー・モリソン 他

商品詳細を見る


<主なキャスト>
レイチェル…リー・ミッシェル(坂本真綾)
ウィル…マシュー・モリソン(森川智之)
フィン…コーリー・モンテース(小野大輔)
カート…クリス・コルファー(石井真)
マーリー…メリッサ・ブノワ(Lynn)
ジェイク…ジェイコブ・アーティスト(竹内栄治)
スー…ジェーン・リンチ(野沢由香里)


オリジナルメンバーの多くがシーズン3で卒業し、高校に残ったメンバーに新メンバーが加わったシーズン4。
個性の強かった卒業メンバー達は、おのおの違った道を進んでいくことになりました。

以前にも書いたことですけれど、グリークラブのメンバーの恋愛は、グリー内恋愛ばかりです。
クラブ内で、引っ付いたり、別れたりを繰り返している。グリークラブ内は、兄弟姉妹だらけになってます(笑)
ちょっと安易すぎないか?と突っ込みたくなることもしばしば。皆あっけらかんとしてるしね。

グリークラブは、ハイスクールの底辺的存在です。アメフトやチア部のような花形ではありません。
つまり、グリークラブに入っているというだけで・・・たぶん、学校内ではモテない(笑)
だから、身内で手っ取り早く・・・というわけじゃない。彼らは虐げられているだけに仲間意識が人一倍強い。
それが高じて、もはや”家族”のような存在になっている。結束力が強いゆえに、何かのきっかけで恋愛に転化しやすい土壌があるのだとは思います。そして、ちょっとくらいモメても・・・”家族”だから、許し合える。

でも、オリジナルメンバーの半分以上が卒業し・・・在学生と卒業生に分かれてしまった恋人たちは、片方の卒業とともに、みんな別れてしまいます。中には復縁の含みがあるカップルもありますけどね。

そりゃ、仕方がないよね・・・とは思う。グリークラブの卒業生は、みな都会にでてしまったのです。
元々、すごく限られた範囲で恋愛していたわけで、卒業しても地元にいれば続くのかもしれないけど、都会にでれば、たくさんの出会いがある。会えない寂しさから心が揺らめくことも、そりゃあるでしょう。まだ十代なのだし。

このシーズンで感じたのは、遠距離恋愛は難しいということ。一度距離を置いて、それでも必要だと思えたら・・・それが運命の相手なんだろうけれど。レイチェルとフィンも、このシーズンでいったんは別れます。
レイチェルに、ニューヨークで新しい恋人ができるのです。フィンは、レイチェルに未練たらたらだけどね(笑)
レイチェルとルームシェアしてるカートも、ブレインと別れてしまいます。原因はブレインの浮気。

ブレインって、カートより年下だったんだね・・・と、4シーズンになって初めて知りました。同い年だと思ってた。
浮気したのは悪いけど、NYでの新しい生活に夢中で、カートはブレインへの連絡も蔑ろにしていたからなあ。
すっごく反省してるから、今回だけは許してあげてもいいんじゃね?と思いましたよ。まあ、でもカートもブレインのこと嫌いになったわけじゃない。ただ怒ってるだけで。この二人は、いい方向にいきそうなラストでした。

オリジナルメンバーの個性が強かったせいか、何人か新メンバーが加入したものの、どこか物足りない。
今さらながら、オリジナルメンバーがどれだけ濃い人たちだったのかわかりました(笑)
そういうわけで、少々パワーダウンの感は否めないわけですが・・・レイチェルやフィン、カートなどは引き続きレギュラーで出演してるので、なんとかなってる感じかなあ。新メンバーには悪いけど(笑)

けれども・・・コーリー・モンテースは、このシーズン4が「glee」では最後の出演になりました。カートとブレインのように、いったん別れても、”運命の相手”ならば、また手を取り合うこともできるのです。でも、死んでしまったら・・・どれだけ大事な人だったか気づいても、もう取り戻すことはできません。
おそらく、このドラマには、レイチェルとフィンのハッピーエンドが用意されていたのでしょうけど、大幅なストーリーの変更とともに、「glee」はシーズン6がファイナルとなるそうです。
もっと、ずっと続くと思っていたので残念ですが、あと2シーズン、このドラマを追っていきたいと思います。


  glee season4
スポンサーサイト



箱庭 (国枝彩香)

箱庭 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)箱庭 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)
(2014/04/10)
国枝 彩香

商品詳細を見る


★★★★☆

大正ロマンっぽい表紙がとても美しい。短編集ですが、内容は・・・カオスです!(笑) 
一応ファンタジー括りなのかな? 不思議系のお話が多かったです。全体的にコメディ寄り。
ドシリアスから超コメディまで、引出の多い漫画家さんですが、最近はコメディな作品が多いですね(笑)

【内容紹介】
この本を読もうかどうか迷っているあなたへ
□透明感のある北欧系美青年が、超ゲスな性格だなんて「なにそれ萌える! 」
□結末に度肝を抜かれたい!
□鬼の子、無機物、チビデブハゲ、トンデモBLだってどんと来い!
□枯れた中年の色気、悪くない!
□美形セックスドールと聞いて、テンションがあがる!
□「不細工の方が線が多くて描くのが面倒くさいんですよ! 」と言いながらも全力投球でブサメンを描く作家に好感を覚える!
上記ひとつでもチェックがついたら、Let's Reading!

続きを読む

ちるちるの『第5回BLアワード2014』の結果が発表されました

4月1日に、BL専門サイトちるちるの、2013年度に発売されたBLコミック・BL小説のベストランキング『BLアワード2014』の結果が発表されました。2012年度版の記事はこちら

ランキングはいくつかの部門がありますが、主なものをピックアップしておきます。

◆ コミックランキング ◆ 詳細なランキングはこちら
1位 囀る鳥は羽ばたかない (1) (ヨネダコウ)
2位 花は咲くか (4) (日高ショーコ)
3位 NightS (ヨネダコウ)
4位 スメルズライクグリーンスピリット SIDE:B (永井三郎)
5位 チョコストロベリーバニラ (彩景でりこ)

◆ 小説ランキング ◆ 詳細なランキングはこちら
1位 交渉人は休めない 榎田尤利100冊記念特別版 (榎田尤利)
2位 ふったらどしゃぶり when it rains, it pours (一穂ミチ)
3位 碧のかたみ (尾上与一)
4位 坂道のソラ (朝丘戻)
5位 雨降りvega (凪良ゆう)

◆ BL漫画家ランキング ◆ 詳細なランキングはこちら
1位 ヨネダコウ
2位 日高ショーコ
3位 腰乃
 
◆ BL作家ランキング ◆ 詳細なランキングはこちら
1位 榎田尤利
2位 凪良ゆう
3位 一穂ミチ

◆ エロエロランキング ◆ 詳細なランキングはこちら
1位 クロネコ彼氏の甘え方(左京亜也)

◆ タブー異色作ランキング ◆ 詳細なランキングはこちら
1位 チョコストロベリーバニラ (彩景でりこ)


2013年はヨネダコウさんの当たり年でしたね。「やばい!」のランキングでも2冊とも10位内でした。
コミック部門10位内のうち、8冊は読んでました。コミック部門の順位は概ね納得ですが、個人的には14位の「誤算のハート」をもう少し押したいところ(笑) 新人さんでは桜日梯子さん、エロくていいですねえ。

小説部門10位内のうち、7冊既読。一穂さんの「ふったらどしゃぶり」の2位が何気に嬉しい。
榎田尤利さん、凪良ゆうさん、一穂ミチさん、木原音瀬さんは、人気が安定してますね。ちるちるの作家ランキングでは、昨年も今年も、この4人の作家さんが上位4人なんですよね。順位は多少入れ替わってますが。

ちるちるのサイトはレビューもけっこう充実してるので、気になる作品があったらチェックしてみては?

2014年3月の読書メーター

3月の読書メーターをUPします。

小説4冊、漫画6冊、スケート誌4冊、同人誌3冊、ファンブック1冊。

オリジナル登録本は同人誌3冊。

GKSMより愛をこめて : 宮緒葵 2014年3月新刊 A5サイズ 32ページ
LIFE GOES ON : 一穂ミチ 2014年3月新刊 A5サイズ 28ページ
さいごの愛のお話 : 樋口美沙緒 2014年3月新刊 A5サイズ 64ぺージ
 

小説は、特に「これ!」というのはなかったですが、コミックスと同人誌は楽しめるものが多かったです。
スケート誌4冊の中で一番気に入ったのは「Sports Graphic Number Plus」。
今年はスケート誌でかなり散財(笑)しましたが、お気に入り度では、これはベスト3に入るかも。

続きを読む

2014年1~3月の鑑賞メーター

鑑賞メーターをUPします。2月と3月に観た映画とドラマです。1月は観ていません。
タイトルは1~3月になっていますが、前のタイトルが12月までだったので、その流れから。

「glee 4」は新メンバーが加入。旧メンバーが濃すぎた(笑)せいか、少しパワーダウンした感じは否めません。
でも、やはり安定の面白さでした。「glee 4」の撮影が終わり、「glee 5」の撮影が開始されるまでの間に、フィン役のコリー・モンティスが亡くなったので、彼の「glee」への出演はこのシーズン4が最後となりました。「glee 4」に出演しているモンティスを見ていると、彼が、もうこの世の人でないのが嘘のようですね・・・。
この「glee 4」に関しては、4月中に感想記事をあげたいと思います。


2月の鑑賞メーター
観たビデオの数:1本
観た鑑賞時間:967分

glee/グリー  シーズン3 DVDコレクターズBOXglee/グリー シーズン3 DVDコレクターズBOX
★★★★★ CSのFOXチャンネルで視聴。卒業に向けてそれぞれの進路選択とともに、別れと新しい門出が話の中心になる。グリー内では、ゲイカップルも含め、何組かのカップルが生まれ、レイチェルは、gleeの全国大会優勝、プロムのクィーン、フィン、絶望かと思われたNYの演劇学校NYADAのオーディションに逆転合格と、すべてを手にいれたかに見えたが、最後にフィンとの別れが待っていた。現実でも恋人だったレイチェル役のリー・ミシェルとの最終話の別れのシーンは、コリー・モンティスの死を知っている今見ると、なんとも切ない
鑑賞日:02月03日 監督:

鑑賞メーター


3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:1540分

ホビット 竜に奪われた王国 DVD(初回限定生産)1枚組ホビット 竜に奪われた王国 DVD(初回限定生産)1枚組
★★★★☆ 映画館で2D鑑賞。面白かったけど、前作の方が好きかな。テーマパークのアトラクションっぽい。樽ごと川に流されるシーンとか。オーランド・ブルームがエルフの国の王子役で再登場。LORより時系列はさかのぼるのに、なぜか老けてるのね(笑) 竜は倒されず、次回に続く。ちょっぴりロマンスも入ってるけど、このシリーズにはいらないような気がする。何気に悲恋フラグたってるし。ロードショー始まってまだ2週間しかたってないのに、すっごく客が少なかった。LORも5作目ともなると、ついてくる人が少なくなるのかな・・・ 
鑑賞日:03月14日 監督:ピーター・ジャクソン
glee/グリー シーズン4 DVDコレクターズBOX (日本オリジナル・フォトブック付)glee/グリー シーズン4 DVDコレクターズBOX (日本オリジナル・フォトブック付)
★★★★☆ スカパーで視聴。オリジナルメンバーの多くがシーズン3で卒業し、残りのオリジナルメンバーに新メンバーが加わった。OBたちはそれぞれの道に。このシーズンで感じたのは、遠距離恋愛は難しいということ。グリー内でカップルになった恋人たちはみな別れてしまう。一度距離を置いて、それでも必要だと思えたら、それが運命の相手なんだろうな。でも、オリジナルメンバーの個性が強かったせいか、新メンバーが物足りなく感じてしまう。そのせいか、パワーダウンの感は否めない。レイチェル達も引き続きでてるからいいようなものの
鑑賞日:03月24日 監督:
BONES ―骨は語る― シーズン7 DVDコレクターズBOXBONES ―骨は語る― シーズン7 DVDコレクターズBOX
★★★★☆ 主演女優のデシャネルご懐妊のため、7シーズンは13話と短い。ボーンズとブース、娘のクリスティン、ボーンズと和解した父・マシューとで、いい家族になりつつあったのに、最終話でとんでもない展開に。ハッカーで殺人犯のペラントに陥れられ、殺人の冤罪をきせられたボーンズは絶体絶命。シーズン7で驚いたのは、ボーンズがすごい親バカになっていたこと。母になると変わるんだなあ。ブースは・・・個人的には、初期の頃の方が魅力的だったかな。これだけ長く続いても、安定して面白いのはすごいと思うけどね。シーズン8が楽しみ
鑑賞日:03月31日 監督:

鑑賞メーター

2014年 大阪城西の丸庭園の桜 

今日、大阪城西の丸庭園と大川沿いの桜の写真とってきました。

気象庁などの開花情報では、大阪城は”咲き始め”となってましたが、私の見た感じでは、もう八分咲きくらい?
開花情報と、実際に見た印象が違ってました。大川沿いの桜も、大阪城とほぼ同じくらい咲いてますね。
例年は、大阪城より大川沿いの方が開花が少し遅いんですが、今年はほとんど変わらない感じです。

なお、大阪城西の丸庭園では、「大坂城 夜桜イルミナージュ」を開催中です。詳細はこちら
夜のイベントなので、私はパスしましたが、興味のある方はどうぞ。4月13日まで開催しています。

  2014年桜2

  2014年桜1

  2014年桜4

  2014年桜5

  2014年桜3
プロフィール

みずほ(別館)

Author:みずほ(別館)
こちらは「BLトラベラー ~羽生結弦応援ブログ~」の別館ブログです。
2019年7月に開設し、本館ブログからBL作品感想記事を移転しました。
今まで書き溜めてきたBL感想文の保管庫となります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR