愛のマタドール (華藤えれな)

愛のマタドール (ディアプラス文庫)愛のマタドール (ディアプラス文庫)
(2012/11/09)
華藤 えれな

商品詳細を見る


華藤さんの初ディアプラス文庫ですが・・・やはりいつもと変わらぬえれなワールドでした(笑)

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
心に傷を負いスペインへとやってきた神学生の颯也。ある日、酒場で声をかけてきた優雅で魅力的な男・ユベールに強引に誘われ一夜を共にしてしまう。傲慢で自信に満ちた彼がふと見せる孤独の影に気づいた颯也は、素性も知らないユベールに惹かれていく。このままだと背徳の罪に堕ちてしまうと別れを決意する颯也だが、彼の正体がスペイン中を熱狂させる闘牛士だと知り―!?闘牛士×神父の禁断ラブロマンス。

続きを読む

スポンサーサイト



ヘブンノウズ 足跡 (英田サキ)

ヘブンノウズ 足跡 (SHYノベルス285)ヘブンノウズ 足跡 (SHYノベルス285)
(2012/10/31)
英田 サキ

商品詳細を見る


シリーズ2巻目。旭と渋澤の関係が少し前進しました。シリーズとしてはまだまだ続きそうな雰囲気ですね。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
ベストセラー作家の渋澤征武にイラストの才能を見いだされた千野旭は、幼い弟のミツルと一緒に渋澤邸で暮らすようになった。渋澤は恋人をつくらない主義だと自ら宣言していたが、旭は渋澤のキスが忘れられずにいた。あのキスはなんだったのか、何か意味はあったのか?本当は自分の気持ちに気づいているのではないだろうか?旭は渋澤が気になってしかたがなかった。そんなある日、旭は渋澤たちと温泉に行くことになって!?―。

続きを読む

恋とセンチメンタリズム (橋本あおい)

恋とセンチメンタリズム (ディアプラス・コミックス)恋とセンチメンタリズム (ディアプラス・コミックス)
(2012/10/30)
橋本 あおい

商品詳細を見る


ディアプラスからの10月の新刊です。エロさと心情描写のバランスがよく、面白かったです。

★★★★☆

【あらすじ】
同僚だった花嫁に上司と駆け落ちされた健斗。酷い失恋から心に傷を負い、恋愛に臆病になっている智哉。
そんなふたりが満天の星と優しい自然に包まれた街で出逢い……!?
『ほしあらし』のほか、大企業専務×カフェ店員のセクハラ日和を描いた『唇とコーヒー』、
白衣医師×術衣救命医の『ああだこうだと言うよりも』などを詰め込んだ珠玉の1冊!

続きを読む

イギリスの美形ゲイカップル ジョン・バロウマン&スコット・ギル

かなり有名なカップルなので、いまさらかなとも思いましたが、アメリカと違い、イギリスの芸能ニュースはあまり日本に入ってこないので、まだご存じない方もいるだろうと思い、取り上げることにしました。

英国の俳優で歌手のジョン・バロウマンと、そのパートナー・建築家スコット・ギルのカップルです。

ジョンは、歌って踊れて舞台もテレビもこなすイケメン俳優。『秘密情報部トーチウッド』のキャプテン・ジャック・ハーネス役で有名です。アメリカ・英国の両国籍をもってますが、現在はスコットと英国に住んでいます。

   john barrowman   john barrowman-2


彼らは、20年近く連れ添っている美形カップル。二人でセットで愛してるロンドンっ子ファンがすごいらしい。双方ともがイケメンで、年齢を重ねた今も美中年で、いつまでもラブラブという、BLの理想を具現化したような二人ですから、英国にもいるだろう腐女子とか、ゲイ達に熱烈に支持されいても不思議はありません。

この二人の出会いは、共通の友人の紹介でした。ジョンの芝居を、共通の友人と一緒にスコットが観にきたのです。楽屋に連れてこられたスコットにジョンは一目惚れ。それはスコットも同じでした。でも、二人は、お互いにその共通の友人が恋人なのだろうと勘違いしていたので、二人は惹かれ合いながらも、それきりに。でも、二人はその1年後再会。二人の誤解は解けて、めでたく付き合うようになったのだとか。やはり縁があったのですね。

出会いから15年、2006年12月27日、バロウマンとギルはシビル・パートナーとなりました。

    
   john  scott

上の写真は、ジョンが39歳。スコットは何と!43歳です。スコットさん、若っ!! これでも一般人ですよ。
アラフォーでこのカッコよさ。出会ったときは双方まだ20歳代。さぞや美しかったことでしょう。そりゃ一目惚れもするわ(笑) スコット氏は今はアラフィフですが、近影を見る限り、今もお若いですね。

二人のイメージビデオ(?)は、Youtubeにけっこう投稿されています。そのうちのひとつを貼っておきます。


     


これだけイケメンの二人で、しかも片方は芸能人。誘惑が多いだろうに、20年もラブラブって素直にすごいと思う。本当に理想的なゲイカップルですね。お気に入りなので、とりあえずご紹介まで♪ 

バンフォード侯爵家の執事 (池玲文)

バンフォード侯爵家の執事 (スーパービーボーイコミックス)バンフォード侯爵家の執事 (スーパービーボーイコミックス)
(2012/11/09)
池 玲文

商品詳細を見る


NO.99:人間玩具」の続編です。エロも心情面もバッチリで、さすが池作品。クオリティ高いですね!

★★★★★

【あらすじ】
バトラーとしてバンフォード侯爵家にやってきたアレックス。そこには、10年前夢中だった一流執事であるグレアムがいた…。「今度こそ彼を手に入れたい、その為なら何だってする! 」そう思っても、どうすればいいのか分からず空回りするアレックス。彼の想いに気付いたグレアムは、「お前に奉仕してやる義理はないんだが」と言いつつも、震える後穴を舌で解し、「顔が見たい」とねだられれば正常位で与えてやった。いつしかアレックスは、体だけでなくグレアムの心も欲しくなり…。

続きを読む

真夜中クロニクル (凪良ゆう) ~共同祭り☆BLイメソンのmiru-haさんと凪良ゆう作品コンプを目指す!(作品No.11)

真夜中クロニクル (リリ文庫)真夜中クロニクル (リリ文庫)
(2011/04/12)
凪良 ゆう

商品詳細を見る


凪良ゆう共同祭り』のため再読しました。凪良さんの中でも、特に好きな作品のひとつです。

小説 ★★★★★  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
太陽の下に出られない病気を持つニーナは、気難しくて偏屈だ。そんなニーナが、夜の公園で7つも年下の陽光と出会う。どんなに邪険にしても無邪気に寄ってくる陽光を煩わしく感じるが、ニーナは次第に心を詳していく。そんな二人がすべてから逃れるため、星降る夜に飛び出した―。温かな恋心でニーナを包み込む陽光と、寄せられる想いに戸惑って踏み出すことができないニーナ。時を経て変化に呑まれながらも、成長していく二人が辿り着いた先とは。

続きを読む

DEADLOCK 1 (高階佑/原作:英田サキ)

DEADLOCK 1(キャラコミックス)DEADLOCK 1(キャラコミックス)
(2012/10/25)
英田 サキ、高階 佑 他

商品詳細を見る


大・大・大好きな「DEADLOCK」のディックとユウトを漫画で拝める幸せ。
英田さんと高階さんに感謝!それしかないですね。徳間書店さん、素晴らしい企画です!

★★★★★

【あらすじ】
冤罪で刑務所に収監された麻薬捜査官のユウト。釈放されるためには、刑務所に潜伏中のテロリストの正体を突き止めなければならない!! けれどユウトの同房者で金髪碧眼の美形ながら強面の囚人も従えるディックに「ここではお前は狩られる側の人間だ」と宣言され…!? 暴力とレイプが横行する監獄で、ユウトは身の潔白を証明できるのか──。キャラ文庫の大ヒットシリーズが、最強コラボにより待望のコミカライズ!! 本編の裏側でのユウトたちの日常が垣間見られる書き下ろし小説番外編も収録!! 

続きを読む

ハワイ旅行記 7 ~ハワイなグルメ~

ハワイ旅行記の7回目。これが最後です。今回の旅行で食べた”ハワイっぽいグルメ”で締めたいと思います。

パンケーキ → エッグスン・シングス
リブステーキ → トニー・ローマ
ロコモコ → アクアカフェ
テイクアウト弁当 → サムズ・キッチン
ガーリックシュリンプ → HONOS(Hawaii "ONO" Shrimp)
ハンバーガー → クワイナバーガー
アサイボウル → ブルーハワイライフスタイル
マラサダ → レナーズ
シェーブアイス → マツモトシェーブアイス


写真をUPしてます。写真の羅列ですが、興味のある方は続きをどうぞ♪

続きを読む

PH3 ~「渇仰」番外編同人誌~ (宮緒葵)

宮緒葵さんの「渇仰」の番外編同人誌「PH3」です。今年の秋のJガーデンの新刊です。

PH3.jpg   A5サイズ、2段組、50ページ

★★★★☆

まず、「PH3」の意味ですが、これは「パンツを はきたい 3日間」の略だそうです。
精力絶倫の攻の受に対する年中発情状態・・・ってのは、この小説では(というより宮緒作品では)もうデフォルトですが、この番外編ではさらに犬度もサカりっぷりもパワーアップ。なんかもうすごいです!(笑) 

達幸がすごすぎて、もう笑うしかありません。これでは犬というより、野獣とひとつの檻に一緒にいるようなもの。
いや、明良にとっては笑いごとではないでしょうけど、一晩中抜かずの何発(数えきれない)って・・・。
一晩中出されっぱなしで、精液を腸内にためこみすぎて腹が膨らんでくるって、何それ(笑) それも毎晩!
なんか、そのうち口から逆流するんじゃね?とホラーなことまで想像してしまいました(笑)

今は達幸と同棲してる明良ですが、仕事のときは別として、帰宅すれば玄関先で押し倒され、そのままベッドに直行の毎日なので、朝、出勤の身支度をするまで、明良は家の中でパンツをはくことができないのです。
家の中でパンツをはきたい!!・・・というのが明良の願い。そう、この番外編のテーマは パンツ でした!

家の中でパンツをはいて過ごしたいので、3日間セックス禁止!!・・・というおあずけをくらった達幸。
でも、明良と同じ家にいて、大人しく3日間も禁欲できる達幸ではありません。
パンツをはいたままセックスできるようなエロパンツを、通販サイトでソッコー大量に注文した達幸。
堅物の明良からすれば、見ただけで憤死ものの恥ずかしいパンツをつけさせられ、交尾?させられることに。

ワンコではなく、 ・・・という、”ヤンデレ攻”、”壊れ攻”のひとつのスタイルを確立した宮緒さん。
達幸は、人気俳優として仕事をしてるときは、”人間”ですが、明良といるときは、完全に”犬”になります。
それも、好物(明良)を前にすると、おあずけがきかない駄犬に。しかし、なんのかんのいっても、そんな馬鹿犬が可愛くて仕方がない明良。達幸の無体を最終的に受け入れているのは、明良も達幸にベタ惚れだからです。

エロパンツをはいてのプレイに、放尿プレイ。もはやスカトロにも足先くらいは突っ込みつつある達幸です。
明日は絶対に飲ませてもらおう・・・達幸はもう行くとこまで行ってください。ただし飲尿プレイは同人誌で(笑)
宮緒さんは、”体内”ではなく”胎内”という言葉を使います。達幸にとってセックスは、マーキングを通り越して、明良への種付け行為だからです。明良が女だったら、間違いなく子沢山の大家族になってるでしょう(笑)

完璧な壊れ系攻の達幸ですが、明良もだんだん感化されつつありますね。明良の体力と酷使されてるお尻も心配ですが(括約筋が・・・汗)、明良の頭も心配になりました。でも、達幸って、尿道炎にならないのかしら(笑)

さすが中出し作家で種付け作家の宮緒さんだと感心しました。達幸の変態度はこれからも益々エスカレートしそうで怖いような楽しみなような。あとがきによれば、商業も同人もまだ続編ありそうですね。

表紙には、R18 とデカデカと印刷されてますが、はい、正真正銘の18禁本です!(笑)
50ページほどありますが、ストーリー部分より合体部分(それも汁ダク)の方が多いですからね。
精液まみれ、エロまみれで、濃ゆ~い1冊です。突き抜けすぎて笑えました。面白かったです。

ササクレ・メモリアル (鹿乃しうこ)

ササクレ・メモリアル (バンブーコミックス 麗人セレクション)ササクレ・メモリアル (バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2012/10/27)
鹿乃しうこ

商品詳細を見る


どちらか片方が変態の変態本です。純愛のトッピングもされていて、安定して読めるクオリティでした。

★★★★☆

【あらすじ】
ノンケばかりを好きになり、叶わない恋から逃げるように、ゆきずりの関係を繰り返してきたダメ男・矢嶋滋は、今回も好みのモッサリ癒し系の後輩の結婚報告により、失恋決定。ヤケ酒して終電車の中で酔ったフリして後輩にキスしたところを男前の車掌に見られてしまう。後日、電車の中でイケメン車掌・三田悠介になぜだかナンパされ、一目惚れだと告白されるが! ?ノンケ好きなダメ男×ちょっとズレてるイケメン鉄道マンの一筋縄ではいかない10年愛を描いた表題シリーズ他、犯罪スレスレ! ?コワモテ刑事と童顔青年の純情(?)ラブを描いた「ラブ・デカ」シリーズと「迷う男」最新刊を収録した著者が贈る究極のラブ&エロス作品集! !

続きを読む

プロフィール

みずほ(別館)

Author:みずほ(別館)
こちらは「BLトラベラー ~羽生結弦応援ブログ~」の別館ブログです。
2019年7月に開設し、本館ブログからBL作品感想記事を移転しました。
今まで書き溜めてきたBL感想文の保管庫となります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR