憂鬱な朝 (4) (日高ショーコ)

憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)
(2012/07/25)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


アニメイト限定版を発売日に買ってたのに、勿体なくてなかなか読めなかった本書。
アニメイト限定版は、ダブルカバー仕様でした。アマゾンの画像のカバーに、プラスもう一枚カバーがついてます。
そのカバーの絵柄はこちら ↓

憂鬱な朝4 アニメイト1   憂鬱な朝4 アニメイト2

この巻が最終巻か?と思ってましたが、違いました。でも、今回は未来への明るい希望が見えたラストでした!

★★★★★

【あらすじ】
桂木は先々代の庶子だった…!!  事実の発覚を機に、暁人を外から支えようと、久世家を出て石崎家に入った桂木。ところがある日、暁人の不穏な噂を聞きつけ、急遽別宅を訪ねてしまう。「もう会ってくれないと思っていた」はかなく笑う暁人は、爵位を桂木に譲るため縁談を破棄、森山侯を脅迫した、と衝撃の告白をして──!? 

続きを読む

スポンサーサイト



「このBLがやばい!2013年腐女子版」アンケートが始まっています

毎年恒例、「このBLがやばい! 2013年度腐女子版」ランキングアンケーが始まっているようです。
「もうそろそろかな?」と思ってましたが、いきつけの書店で投票箱を見つけて気がつきました。
詳細とアンケートページの入り口はこちら

【対象作品】
2011年10月~2012年9月に発売されたBL作品
【投票方法】
全国書店設置の投票箱、FAX、WEB投票
【投票期間】
8月10日(金)~9月30日(日)  ※書店投票は9月24日(月)までになります。


実は、私は「このBLがやばい!」のアンケートは参加したことありません。本の方は「2012年版」で初めて購入して、面白かったので、「2013年度版」も買うつもりでいます。同じ読むにしても、自分も参加した方が楽しめるような気がするので、今年は、はじめてアンケートに投票してみようかなと思っています。

2012年度版の感想をこちら → このBLがやばい!2012年腐女子版

このBLがやばい!2012年腐女子版 (Next BOOKS)このBLがやばい!2012年腐女子版 (Next BOOKS)
(2011/12/10)
NEXT編集部

商品詳細を見る


なお、ランキングの結果は、12月12日発売の『このBLがやばい!2013年腐女子版』で発表されるそうです。
よければ、皆さんも、アンケートに参加されてはいかがでしょうか♪

鬼哭繚乱 (宮緒葵)

鬼哭繚乱 (プラチナ文庫)鬼哭繚乱 (プラチナ文庫)
(2012/08/14)
宮緒 葵

商品詳細を見る


戦国時代をイメージした和風ファンタジー。宮緒さんなので、常軌を逸した執着攻は標準装備です(笑)

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆ 

【あらすじ】
小さな村で守り神として崇められる桜の精霊・清音は、矢傷を負った国主の曉景を助けた。ところが、その愛情深さに魅了されて執着を募らせた曉景は、村人達を人質に取って清音を犯し、城へ攫ってしまう。まるで己の想いを孕ませるかのように抱く曉景に、いつしか清音は、今まで知ることのなかった感情を覚え始める。だが国主の座を狙う曉景の義弟に、本体である桜を切り倒され…。

続きを読む

イケメン俳優マット・ボマー、同性愛支援団体から賞を受賞!

今日は、マット・ボマーと、ある気になる芸能カップルの話題です。趣味に走ってばかりですみません(汗)

8月に、海外ドラマ「ホワイトカラー」のマット・ボマーと、パートナーでセレブリティ広報のサイモン・ホールズのカップルが、同性愛支援団体「GLSEN」からインスピレーション賞を贈られたそうです。
二人は、3人の子供たちを育てていますが、「全ての子供が、全ての人間を受け入れ尊敬する。2人は、そんな世界を築き上げようと、意味のある貢献をしている」というのが受賞理由だとか。

詳細はこちら → イケメン俳優マット・ボマー、ゲイ・パートナーと共に同性愛支援団体から賞を受賞

matt bomer and his family

matt bomer and child


この受賞理由、実に納得できます。というのも、マットのプライペートな写真は、サイモンと子供たちと、本当に素敵な家庭を築いているな~と思わせるものばかり。ゲイ夫婦のイメージアップにすごく貢献してると思います。

マット自身、あれだけのイケメンでありながら、役者として順調だったとはいえず、下積みが長かったのです。
不遇な時代が長かったことが、有名になっても、驕らない謙虚な態度に繋がってるのかしらと思ったりします。
役者をやめて大学で心理学を勉強し直そうかと願書の準備をしてた矢先に、『White Collar』の主演が決まったのだとか。それから、一躍スターダムに。いやいや、人生って、どう転ぶかわかりませんね。

さて、マットとサイモン以外で、アメリカの芸能界で、少し前から気になってるカップルが一組あります。
お気に入りのドラマ「glee」に出演中のジョナサン・グロフと、「24」「HEROES」に出演してたザカリー・クイント。
どちらもオープンゲイで、27歳と35歳のカップルです。プライベートで仲良さそうなショットをけっこうとられてます。二人とも、カミングアウトずみだから、堂々と交際できるわけですね♪

Zachary Quinto and Jonathan Groff

Zachary Quinto and Jonathan Groff-2

今年の6月、ニューヨークでデート中の二人です。
いかにもラブラブなムードが伝わってきますね。このまま順調に愛を育んでいってほしいものです♪

ロンドン五輪に出場したオープンリー・ゲイのアスリート23人

ロンドンオリンピックは終わってしまいましたが、まだまだ興奮の余韻は残っていますね。
そんな中、Naverで、こんなまとめ記事を見つけたので、紹介します。

ロンドン五輪で、ゲイ・レズビアンをカミングアウトしてる選手達23人(まとめ)

元ネタはこちらのようです → The 23 Openly Gay Athletes Of The 2012 Olympics

オープンリーゲイのアスリートは、アテネ五輪では11人、北京五輪で10人だったそうです。
ロンドンで2倍以上に増えたわけで、スポーツ界も多少はカムアウトしやすい環境になってきたのでしょうか。
とはいえ、23人中、男性アスリートはわずか4人。あとはすべて女性です。
やはり、女性同性愛者よりも、男性同性愛者の方が、スポーツ界での風当たりは強いようです。
男性4人も内訳をみると、馬術が3人、飛び込みが1人。どれも個人競技なんですね。
米国4大スポーツ(MLB、NFL、NBA、NHL)でも、現役時代に同性愛者と告白した選手は過去にないそうです。
同じロッカーで着替えもシャワーもオープンになるだけに、特に団体競技では、依然タブーであるようです。

オープンリーゲイの23人の選手の中の一人、ミーガン・ラピノー選手(女性)も、こういっています。
女子スポーツ界はカミングアウトしても支持されやすいですが、男子スポーツ界は男性選手が(女性に比べ)カミングアウトしづらい現状で悲しいです

ロンドン五輪に出場した選手は12602人いたそうで、人口の5~6%ほどがゲイだと言われているので、単純計算しても、600人位いたとしても不思議じゃない。23人は、そのごくごく一部なんでしょう。

なお、選手以外では、カミングアウトしてる監督・コーチが2人います。どちらも女性。
そのうちの1人は、なでしこジャパンを決勝戦で破ったアメリカチームを率いるピア・スンドハーゲ監督です。

さて、勇気をだしてカムアウトした男性アスリート4人の中で、気になった2人の写真をあげておきます。

Matthew Mitcham

carl hester

上の写真は、オーストラリアの飛び込み選手・マシュー・ミッチャム。24歳。北京五輪の金メダリスト。
下の写真は、イギリスの馬術の選手・カール・ヘスター。45歳。ロンドン五輪馬場馬術団体での金メダリスト。

お二人とも、なかなか素敵な男性です。マシュー選手の身体、セクシーですね(笑) 次のリオ五輪では、もっと多くのアスリートが、自分のセクシャリティをオープンにできるような時代になってるといいなあと思います♪

ゲイの作家によるゲイ小説☆Four Seasons―季節は過ぎて街はまた緑に染まる (城平海)

Four Seasons―季節は過ぎて街はまた緑に染まるFour Seasons―季節は過ぎて街はまた緑に染まる
(2005/01)
城平 海

商品詳細を見る


30歳にして結婚と同時に自分のセクシャリティに気づいてしまった男と、その新妻の、喪失と再生の物語。
女性作家の描くBL小説とはまた違った視点が新鮮でした。

★★★★☆

【あらすじ】
あまりにも当然のこととして捉えていた未来、結婚。疑いすら抱くことなく、そうすることが幸せになることだと思っていた。しかし、挙式直前に、新郎となる男は「本当の自分」に気づいてしまう。結婚が幸せへと続く道、無邪気にも信じていたそんな未来を断ち切られたときに、女は何を選び、そして男は何を捨てるのか。1章ごとに、男女の視点を変えて描かれていく、東京での1年間。先行き不透明な現代に生きる若者達に贈る、本当の居場所探しの物語。

続きを読む

ハワイ旅行記 4 ~ノースショア~

ハワイ旅行記4回目は、ノースショアです。車がないといきにくい場所なので、ツアーを利用しました。
利用したのは、ハワイジャパンツアーの『シゲルと行くポレポレノースツアー』です。
このツアー会社で人気ナンバーワンで、リピーターの多いツアーということから、こちらを選びました。

感想ですが、とても満足度が高いツアーでした。ガイドのシゲルさんがとても親切な方でしたね。
アメリカ在住の日本人ガイドは、日本人であっても、アメリカのビジネススタイルになっていくのか、悪い意味ではなく、けっこうドライな人が多いですが、シゲルさんは、すごく日本人的サービス精神旺盛なガイドさんでした。
ツアー中、色々細かい要望を聞いてくれたり、写真も何枚も撮ってくれたりと、いたれりつくせりでした。
リピーターが多いというのも事実らしく、ツアー客の中には、『シゲルさんのツアー3回目』という人もいました。
確かに、この内容で45ドルですから、かなりコスパがいいと思います。

ツアーの写真を何枚かUPしてます。興味のある方は、続きをご覧ください。

続きを読む

長距離初恋 (西江彩夏)

長距離初恋 (ビーボーイノベルズ)長距離初恋 (ビーボーイノベルズ)
(2011/12/19)
西江 彩夏

商品詳細を見る


タイトル通り、長い年月をかけて、初恋を成就させていくお話です。純愛ものとして、楽しく読めました。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
真面目だけがとりえの川本を誘惑してきたのは谷村だった。同級生とは思えない色気で「セックスしよう」と囁かれ、川本は思わず興奮してしまう。日常の不満をぶつけるように抱いても谷村はただ優しく受けとめてくれた。興味本位から始まった関係は、次第に本気になり、川本を狂わせていく。そんな川本に谷村は現実を突きつけて…。10代は恋に溺れ、20代は一緒の未来に悩み、30代は―。17年、時間を重ね初恋を幸せにかえた二人の恋の話。

続きを読む

「はめてやるっ!」シリーズ番外編同人誌リスト (剛しいら)

10月に、大洋図書から、新しくSHY文庫が創刊されます。
創刊ラインナップには新装版が3冊ほどあり、その中の1冊が、剛しいらさんの「はめてやるっ!」です。
このシリーズは3部作なので、あと2冊「おとしてやるっ!」「やってやるっ!」も刊行されるのでしょう。
若頭受(のちに組長になります)と舎弟攻という、ヤクザものとしては珍しいカップリングです。

はめてやるっ! (SHYノベルス)はめてやるっ! (SHYノベルス)
(2000/09)
剛 しいら

商品詳細を見る


私は、このシリーズはお気に入りで、番外編同人誌も追いかけています。同人誌は現在14冊でています。
ひとつのシリーズで14冊ですから、剛さんもかなり思い入れのあるシリーズなのではないかと思います。
さらに、同人誌6冊分を再録した総集編も2冊でています。

新装版刊行を機に、自分の覚書として、シリーズの同人誌リストをあげておきます。

狛犬 : 2000年10月発行
鼠 : 2001年2月発行
青龍 : 2001年8月発行
蟒蛇 : 2001年12月発行
奔馬 : 2002年8月発行
虎穴 : 2002年12月発行


はめてやるっ!番外編総集編 : 2004年8月発行(狛犬、鼠、青龍、蟒蛇、奔馬、虎穴)

蝸牛 : 2003年8月発行
鶏姦 : 2004年5月発行
見猿聞猿言猿 : 2005年3月発行
猪口 : 2005年12月発行
羊頭狗肉 : 2007年3月発行
脱兎 : 2007年12月発行


はめてやるっ!番外編総集編2 : 2008年10月発行(蝸牛、鶏姦、見猿聞猿言猿、猪口、羊頭狗肉、脱兎)

蛇使い : 2008年10月発行
射手 : 2010年8月発行


最近は刊行ペースがゆっくりになって、特にこの2年ほどは刊行されていません。
新装版発売をきっかけに、また再開されるかもしれませんが。
在庫確認は剛さんのHPからできます → 剛しいら組
機会があれば、このシリーズの同人誌の簡単な感想をあげていけたらいいなと思います。

最恐教師 ~教師も色々あるわけで~ 2 (大和名瀬)

最恐教師~教師も色々あるわけで~2 (ビーボーイコミックス)最恐教師~教師も色々あるわけで~2 (ビーボーイコミックス)
(2012/07/10)
大和名瀬

商品詳細を見る


「教師も色々あるわけで」の伊吹×藤田編の2巻目です。
このシリーズ、スピンオフカップルがメインカップルを完全に食ってしまった感がありますね(笑)

★★★★★

【あらすじ】
バツイチ&子持ちの藤田の週2日限定のヒ ミツの恋人は息子の担任の井吹。井吹はカ タブツで厳しい教師だが、実は “デンジャラス イブ"と呼ばれる元ヤンで、一睨みで児童を 黙らせ、同僚をもビビらせる男なのだった!! 鬼畜で独占欲の強い井吹(甘いHじゃ欲求不 満気味)に翻弄されつつも受けとめる藤田だ ったが、井吹のカコを知る人物が現れて…!?

続きを読む

プロフィール

みずほ(別館)

Author:みずほ(別館)
こちらは「BLトラベラー ~羽生結弦応援ブログ~」の別館ブログです。
2019年7月に開設し、本館ブログからBL作品感想記事を移転しました。
今まで書き溜めてきたBL感想文の保管庫となります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR