不埒なインセンティブ (崎谷はるひ) 

不埓なインセンティブ (ダリア文庫)不埓なインセンティブ (ダリア文庫)
(2011/12/13)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


「不埒」シリーズ4作目。真幸のゲイ友・日比谷のスピンアウトです♪

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
冴えないゲイの平田は日比谷に同情から一度だけ抱かれたことをずっと忘れられずにいた。あれから四年、馴染みのチャット仲間の中に彼がいると知っていた平田は勇気を出してオフ会に参加する。やはり彼には忘れられていたが、会えただけで満足だった。しかし日比谷に「自分に気があるのか」と聞かれ、彼に好きな人がいると知りながら、身体だけでいいから付き合って欲しいと言ってしまい…。

続きを読む

スポンサーサイト



スピリチュアル ポリス 1 (新田祐克)

スピリチュアル ポリス (1) (ディアプラス・コミックス)スピリチュアル ポリス (1) (ディアプラス・コミックス)
(2012/03/30)
新田 祐克

商品詳細を見る


「オトダマ」の主人公・永妻の双子の兄・恭優のスピンオフです。
「オトダマ」は未読でしたが、完全に独立した話なので、問題なく楽しめました♪

★★★★★

【あらすじ】
「嘘をつかれても、奥まで覗かれてもいい。貴方にならーーー!!」
捜査一課に配属されたキャリア組の永妻(ながつま)は、先輩刑事に紹介された整体治療院で、美貌で盲目の男・葵(あおい)に出会う。葵のくれる穏やかな時間と、たくみな指先に溺れる永妻。しかし、葵には、永妻に言えない秘密があった。『春を抱いていた』『キスアリキ。』を生み出した新田祐克が描く、抗えない、長く激しい男たちの恋が始まるーーー!!

続きを読む

不埒なパラダイムシフト (崎谷はるひ)

不埒なパラダイムシフト (ダリア文庫)不埒なパラダイムシフト (ダリア文庫)
(2011/08/12)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


「不埒」シリーズ3作目。2作目に引き続き、直隆×真幸編です。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★★ 

【あらすじ】
名執真幸は、恋人の真野直隆と同棲している。仕事はできるが堅物すぎてどこか抜けている優しい直隆に、とても大事にされていることを実感する真幸だが、このところ「幸せすぎて怖い」という、以前の真幸なら考えられない感情に苛まれていた。そんなある日、仲間とバーで飲んでいたところ、仕事で遅くなると言った直隆が元婚約者の真理子を連れているところに出会ってしまって。

続きを読む

『新世界満喫チケット』を使って通天閣100周年の新世界で遊ぶ

5月22日スカイタワーが開業し、全国的にちょっとしたタワーブームなようですが・・・。
大阪のディープな遊び場『新世界』のシンボル『通天閣』も今年100周年を迎え、それを記念して『新世界満喫チケット』という食べ歩きクーポンを発行しています。
チケット共同購入サイトの『ポンパレ』で、安く販売してたので購入。久々に新世界で遊んできました。

1.『通天閣』入場券1名分
2.『天王寺動物園』入場券1名分
3.串かつ14種14本分の串券(通天閣&新世界エリアの加盟店16店舗で利用可)


これがすべてセットで、通常価格2990円が1490円で販売されていました。
さらに、ポンパレ発行のギフト券とポイントを使ったので、1枚あたり1050円で購入できました。
14枚の串かつクーポンは、切り離しできるので、好きなお店で好きな本数を食べれます。

新世界クーポン   新世界満喫チケット

写真をUPしてます。興味のある方は続きをどうぞ♪

続きを読む

部長の男 (鳩村衣杏)

部長の男 (ガッシュ文庫)部長の男 (ガッシュ文庫)
(2012/04/28)
鳩村 衣杏

商品詳細を見る


発売前はノーチェックでしたが、レビュー等で リバ だと知り、「これは読まねば!」と購入(笑)
口コミ通り、立派なリバ小説でした。ゆえに、好き嫌いが分かれる作品かと思います。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆ 

【あらすじ】
水科康太という純朴な青年を、一人前の使える男にすること…それが、出世を条件に、印刷会社広報部部長・日下部に課せられた任務だった。容姿に恵まれ処世術にも長け、仕事も恋愛も順調な男盛りのゲイである日下部にとって、真面目だが無愛想で目つきの悪い康太は、食指も動かない取るに足らない相手。しかし彼から予想以上に懐かれ好かれて、ペースを乱される。一途な想いをいじらしく感じた衝動で、日下部は康太を抱いてしまい…。

続きを読む

雫 花びら 林檎の香り 3 (川唯東子)

雫 花びら 林檎の香り(3) (ビーボーイコミックス)雫 花びら 林檎の香り(3) (ビーボーイコミックス)
(2012/05/10)
川唯東子

商品詳細を見る


シリーズ3巻目にして完結編です。大好きなカップルだっただけに名残惜しいですね・・・。

★★★★★

【あらすじ】
何度フラレても大好きな中川にアタックし 続けた榛名は遂に恋人に昇格。そんな中、 色々な泣き笑いのドラマがあったけど、取 り敢えず今は両想い中。ところが今度は榛 名の営業の仕事に強敵が現れて、さすがの 榛名も絶体絶命…!? 感動のラスト&ショー ト描き下ろし付きで遂に完結!!

続きを読む

不器用なテレパシー (月村奎)

不器用なテレパシー (ディアプラス文庫)不器用なテレパシー (ディアプラス文庫)
(2012/05/09)
月村 奎

商品詳細を見る


月村さんの5月の新刊です。若い二人の不器用で切ない恋のお話でした。

小説 ★★★☆☆  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
諒矢(りょうや)は幼馴染の颯(そう)に恋心を抱いていた。高校二年の夏、うたたね中に颯にキスされて、颯も同じ気持ちだと確信した。言葉を交わさなくても、颯との絆を強く信じた。 けれど俳優を目指す颯とともに上京した後、諒矢は颯に拒絶され、別離を告げられた。あれから二年──。喫茶店の主・大森に救われて住み込み店員として働く諒矢のもとへ、人気俳優になった颯が訪ねてきて……? 胸ふるわせる、初恋スウィート・ペイン

続きを読む

不埒なスペクトル (崎谷はるひ)

不埒なスペクトル (ダリア文庫)不埒なスペクトル (ダリア文庫)
(2009/12/12)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


「不埒」シリーズ2作目。未直のお兄ちゃん・直隆主役のスピンオフです。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★★

【あらすじ】
見目も頭脳も優れた堅物エリート銀行員・直隆は、派閥争いに敗れ閑職に飛ばされる。ヤケ酒で酔い潰れた所を、マキという青年に介抱されるが、彼にはある魂胆が。ゲイの弟を家から追い出した兄だと直隆を誤解し、弟の境遇に共感したゲイのマキは、復讐に男童貞を奪おうと…?!無理矢理体を繋がされるも、直隆は何故か彼に興味をひかれ…。「不埒なモンタージュ」スピンオフ作登場。

続きを読む

不埒なモンタージュ (崎谷はるひ)

不埒なモンタージュ (ダリア文庫)不埒なモンタージュ (ダリア文庫)
(2006/11)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


新刊の購入が少な目な月は少しでも積読消化したいところです。
今月の課題図書は、崎谷さんの「不埒」シリーズ4冊。まず、1作目「モンタージュ」からいきます♪

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★★☆

【あらすじ】
同性しか好きになれないことを悩んでいた真野未直は、高校最後の夏に新宿二丁目へ行く決心をする。しかし妙な連中に絡まれ、危ないところを強面の三田村明義に助けられ…。強面と威圧的な態度に反し、不器用な優しさを覗かせる明義に惹かれる未直。しかし必死のアプローチも全く相手にされず、明義はその正体すら教えてくれなくて―。

続きを読む

法医学教室の美女と野獣 (うえだ真由)

法医学教室の美女と野獣 (ルナノベルズ)法医学教室の美女と野獣 (ルナノベルズ)
(2012/03/06)
うえだ 真由

商品詳細を見る


うえだ真由さんの約1年半ぶりの新刊です。この本も諸事情で遅れていたようですが、やっとでましたね。
うえださんらしいワークシーンがしっかりした堅実な仕上がりの作品で、面白かったです。

小説 ★★★★☆  挿絵 ★★★☆☆

【あらすじ】
わけあって臨床医を諦め法医学者になった久住明紀。不規則で多忙な生活のストレス解消にヴァイオリンを勧められ、顔見知りの刑事・倉持幸臣からレッスンを受けることになった。人間不信で毒舌家の明紀にも笑顔で接する幸臣に、大人しくて扱いやすいヤツだと舐めていたのだが、師弟関係が逆転した途端、態度が豹変。「倉持先生と呼べ」意地悪な笑みで、明紀を見下ろしてきた!幸臣の思わぬ下剋上に二人の仲は険悪。…だけど喧嘩するたび、どんどん距離は縮まって―。

続きを読む

プロフィール

みずほ(別館)

Author:みずほ(別館)
こちらは「BLトラベラー ~羽生結弦応援ブログ~」の別館ブログです。
2019年7月に開設し、本館ブログからBL作品感想記事を移転しました。
今まで書き溜めてきたBL感想文の保管庫となります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR